W杯ブラジル大会、出場32か国の顔ぶれ


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

[November 21 AFP] Uruguay secured the chair of the last of this participation in a convention on the 20th, and 32 nations of participation of the 2014 soccer World Cup Brazil convention (2014 World Cup) came out fully.
The combination lottery of this convention is performed on December 6.
The team which participates in ? Brazil convention is as follows.
■ Europe
The Netherlands, Italy, Belgium, Germany, Switzerland, Spain, England, Russia, the Bosnia ヘルツェコビナ, Croatia, Greece, Portugal, France
■ Asia
Japan, Australia, Iran, South Korea
■ South America
Brazil (host country), Argentina, Colombia, dust, Ecuador, Uruguay
■ Kitanaka U.S. Caribbean Sea
The U.S., Costa Rica, Honduras, Mexico
■ Africa
Nigeria, Cote d’Ivoire, Cameroon, Ghana, Algeria
(c)AFP
2ちゃんですけど勘弁してね




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『W杯ブラジル大会、出場32か国の顔ぶれ』へのコメント

  1. 名前:通りすがりです 投稿日:2013/11/21(木) 14:12:56 ID:263244bb6

     出場国の皆さん、おめでとうございます。
     惜しくも敗れた国の皆さん、次を目指して頑張ってください。
     世界が平和を忘れない限り、WCは開催されますから。
     ところで、話を変えてすいませんが、日本について、書かせてください。
     「日本版NSC(国家安全保障会議)設置法案」(現行案のままでは、この組織が悪しく運用される恐れがあり、その場合、自衛隊の活動が良くない方向に使われてしまう恐れがあったり、日本で再び政治犯狩が行われるようになってしまう恐れなども、あると思います)が可決されて衆議院を通過するという憂慮すべき事態になっておりますが、更に、安倍政権は、今週中の「特定秘密保護法案」の衆議院可決も狙っているようです。(今週中の可決にこだわってないという話も出てきていますが、拙速を嫌う人々を騙すためのフェイントかも?)
     日本の自民党政権が目指していると思われる、資本主義独裁体制が、スピードアップして固められていくように思われて、私は非常に不安です。
     日本の自民党による、「特定秘密保護法案」では、修正協議がなされたものの、現行案では、総理大臣が好きなように秘密指定ができてしまう法律になってしまう恐れが非常にあります。
     その上、現行案は、アメリカ合衆国の法律と違い、秘密の開示が十分とは思えません。 30年後に原則開示とのことですが、原則ではなく、全ての秘密の開示が必要と思います。
     全ての秘密の開示があれば、それがかなり時間が経った後であっても、「権力を乱用した悪事はいずれはバレる」ということになると思います。なので、権力者の悪事防止のため、全ての秘密の開示は必要と思うのです。(ただ、60年後全面開示では、期間が長過ぎると思うので、賛成できません。)
     更に、現行案では、特定秘密の妥当性の審議を行う公正な第三者会議の設定も、定められていません。
     なので、権力者のやりたい放題を隠すために使われる恐れが高いのでは?と非常に心配なのです。
     「日本版NSC(国家安全保障会議)設置法案」と「特定秘密保護法案」が、現状の形のまま、セットで可決されてしまうと、日本が、独裁者達のやりたい放題が隠蔽される国になってしまう恐れが、非常に高くなってしまうと思われ、非常に不安です。(例えば、両法案が現状のまま法律として制定されることになれば、日本版NSCは、事実上、議事録の作成も、議事録の開示も、行う義務がなくなると思います。他にも、色々と独裁者達がやり易い状況になる恐れがあると思います。)
     両法案には、更なる審議と更なる修正が必要と思います。
     それでなければ、日本は民主主義でなくなってしまうと思います。国民の権利も自由も、制限されてしまうと思います。
     日本が民主主義でなくなったら、日本製品の不買運動が起こっても、仕方ないと私は思います。
     日本の民主主義と、国民の権利と自由が守られることを、祈り願っております。
     それにしても、安倍政権は、みんなの党と維新の会の同意が得られれば、独裁的な採決にはならないと言いたいようですが、みんなの党と維新の会は、形は野党勢力ですが、本質は自民党のサテライトと思います。
     なので、それらの党会派の賛成だけで採決に臨むのであれば、実質上、自民党の強行採決になると思います。
     それは、安倍政権が独裁的な政権であることの証明になると思いますので、国際社会の方々は、日本の民主主義が死なないように、注視なさっていただければ、と願い祈っております。