ドロドロの牛クズ肉と廃鶏ミンチ肉に約30種の添加物を加えて作り上げた商品


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

「自分の味覚が「麻痺」させられている」

「すでに、自分の味覚が
◯◯◯まみれの味に慣らされ、麻痺
させられている現状を痛感しました。
抜け出すには相当の覚悟と、現状に
対する十分な知識が必要ですね。
大きなチャレンジになりそうです」

「個々人の根本的な変化になるといいですね。
食が安全なのが当たり前というふうになると、
誰でも生きやすくなるような気がします」

これは、

「食」に関する衝撃の実態を明かすとともに
その現状を打破するために、

ある著名人物が乗り出す
【資格講座】の全貌について、

本人が明かしたインタビューを
聞いた方の反応です。
↓ ↓ ↓
http://directlink.jp/tracking/af/1207770/wH034xPp-1KrhIKdv/まずはここで現実を知ってください。

そして、この現実をどうやって
食い止めればいいのか、考える
きっかけにしてください。

生涯にわたり、家族の味覚と命を守り抜き、
鋭い判断基準、ぶれない価値観を身につけるため、
食に対する重大な取り組みの全貌とは?

こちらからすぐ無料で請求できます。

無料で請求できるのは【あと3日】です。

食の実態を学ぶためにも、このチャンスを
見逃さないでください。

これは、日本の食の未来を変えるために、
極めて重要な取り組みです。

皆さんは、最近の傾向として、
健康的な食品がかなり出回っている
ことにお気づきだと思います。

「無添加」
「不使用」
「無農薬」
「オーガニック」
「有機」
「天然」
「植物由来」

これらの文字を最近
商品のパッケージのオモテ面に大きく、
見かけるようになったと思いませんか?

確かに、最近は良心的な商品も
増えてきていて、

「安全」や「安心」は消費者にとって
商品を選ぶ際の強い動機となっています。

しかし、実はここにも落とし穴が
あることをご存知ですか?

これらの表示については、

もともと食品添加物を使わない食品に
無添加と表示しているものや、

代替品を使って、前まで使っていた
添加物を「無添加」と表示するもの(笑)、

ほかにも「無添加」とでかでかと
書かれてあるけれど、一体何が
「添加されていない」のかが
わからないというケースもあります。

「無着色明太子」などと、
「合成着色料無添加」という表示を
ことさら強調しているものの、

実際は、合成着色料こそ使われていない
けれども、ほかの添加物はしっかり
使われている、といったように。

(そもそも彼の言葉を借りれば、
「無添加の明太子など存在しないと
 断言するメーカーがある」というほど、
 明太子は添加物なしで作るのが困難な
 食品です。)

さらには、添加物への不安を煽り、
安心材料として無添加と強調するものも。

もちろん、そんな商品ばかりでは
ありませんが・・・

ここで強調したいのは、
これらの「売り文句」を書いているのは
あくまで売り手、メーカーであり、

コマーシャルであることを
忘れてはならないという点です。

http://directlink.jp/tracking/af/1207770/wH034xPp-1KrhIKdv/消費者が鵜呑みにしてきて しまった結果はこちら




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク