トランプ大統領の就任について、 日本のマスメディアの報道


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

トランプ大統領の就任について、
日本のマスメディアの報道だけに
頼っている人の中には、

アメリカ国民がおかしくなって
判断を誤ったとお思いの方も
少なくないでしょう。

例えば、トランプ大統領が
来年度軍事費の「歴史的拡大」
の方針を打ち出しましたが、

マスメディアは発想が貧困なので、
「軍拡=財政難・戦争」しか思いつきません。

しかし、よく考えてみてください。

「世界の警察官」として、
これ以上軍事的覇権を伸ばしていく
国力がアメリカにないことを、
一番主張していたのは誰か。

軍事費の拡大によって、
「米軍を再構築」するとは、
一体どういうことなのか。

この二点だけでも、
来年度軍事費の「歴史的拡大」
の真意が見えてきます。

その真意を端的に申し上げますと、
アメリカの復活です。

なぜアメリカの復活と軍事力が関係あるのか。

その答えは、アメリカ初代大統領であり、
アメリカ建国の父として名を残している
ジョージ・ワシントンが持っています。

ジョージ・ワシントンとは、
どのような人物か。

一言で表すと「軍人」です。
しかも、最終階級は「大元帥」。

アメリカの歴史上、
大元帥を叙されたアメリカ陸軍の軍人は、
たった2人。

ジョン・パーシングとジョージ・ワシントン
のみとなっております。

一方、日本の歴代大元帥は、
明治天皇、大正天皇、昭和天皇。

繰り返しますが、アメリカの場合は、
建国の父が大元帥であるということ。

それは、アメリカにとって軍とは、
国家の中心であるということです。

つまり、「米軍を再構築」するという
トランプ大統領の方針の真意は、
国家の中心を建て直すということです。

きっとそれが、
「アメリカ・ファースト」
であろうと私は考えます。

もちろん、
それをさせまいとする勢力から
ある人物が派遣され、

側近としてトランプ大統領を
監視しているのも事実。

一方、トランプ大統領側の人物が、
敵側の勢力に潜入しているのも事実。

どの国もそうですが、
決してアメリカは一枚岩ではありません。

「反メディア=独裁者」、「軍拡=財政難・戦争」
などの単純なステレオタイプをお持ちの方には、
絶対に見えない世界があります。

そして何よりも、今の「アメリカ」は
私達が知っている「アメリカ」ではありません。

世界最大規模の市場のシェアを誇るアメリカ。
世界最大規模の軍事覇権を誇示するアメリカ。
誰にでも自由と富を得るチャンスを与えるアメリカ。

かつて、世界の富と権力をその手中に収め、
覇権国家の名を欲しいままにしたアメリカ帝国は、
すでに終焉を迎えています。

なぜそう言えるのか。

すでに申し上げましたが、
アメリカ帝国の終焉を示す
確固たる根拠は3つであると、
ある人物は断言しています。

http://entirely-ex.com/Lbk40128/26501

引用 株式会社リアルインサイト




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク