保護なめんな 不正受給をするような人はカスである


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

ジャンパーに“生活(せいかつ)保護(ほご)なめんな”職員(しょくいん)訪問(ほうもん)

 「保護(ほご)なめんな」と書か(かか)れたジャンパーを着(き)て、職員(しょくいん)が生活(せいかつ)保護(ほご)受給者(じゅきゅうしゃ)の自宅(じたく)を訪問(ほうもん)していたとして、神奈川県(かながわけん)小田原(おだわら)市役所(しやくしょ)が緊急(きんきゅう)会見(かいけん)を開き(ひらき)謝罪(しゃざい)した。何が(なにが)目的(もくてき)だったのだろうか。

■問題(もんだい)になったのは、市(し)の生活(せいかつ)保護(ほご)担当(たんとう)職員(しょくいん)の有志(ゆうし)が2007年(ねん)に作っ(つくっ)たジャンパー。胸(むね)のエンブレムには「HOGO NAMENNNA」と書か(かか)れ、「悪(あく)」という漢字(かんじ)に「×」がついたデザインがされている。

■さらに、背中(せなか)には英語(えいご)で「我々(われわれ)は正義(せいぎ)だ」「不当(ふとう)な利益(りえき)を得る(える)ために我々(われわれ)をだまそうとするなら、あえて言お(いお)う、カスである!」と書か(かか)れている。

■市(し)によると、職員(しょくいん)は「不正(ふせい)受給(じゅきゅう)を許さ(ゆるさ)ない」というメッセージを盛り込み(もりこみ)つつ、連帯感(れんたいかん)高揚(こうよう)のために作製(さくせい)し、冬場(ふゆば)に受給者(じゅきゅうしゃ)の家庭(かてい)を訪問(ほうもん)する時(とき)などに着(き)ていたという。

■第三者(だいさんしゃ)からの情報(じょうほう)提供(ていきょう)により、事実(じじつ)確認(かくにん)を行っ(いっ)たという小田原市(おだわらし)。「あくまでも“不正(ふせい)受給(じゅきゅう)”というものに対(たい)して、当時(とうじ)はいろいろとニュースになっていた。そういうものは何とか(なんとか)しようという職員(しょくいん)の思い(おもい)は皆さん(みなさん)あったと思う(おもう)。いわゆる受給者(じゅきゅうしゃ)に対(たい)する差別(さべつ)意識(いしき)を持っ(もっ)ている職員(しょくいん)はいませんと言い切り(いいきり)たい(小田原市(おだわらし))」

■小田原市(おだわらし)は16日付(にちづけ)で担当(たんとう)職員(しょくいん)に対(たい)し、ジャンパーの着用(ちゃくよう)禁止(きんし)を指示(しじ)。担当部(たんとうぶ)長(ちょう)らに対(たい)し、厳重(げんじゅう)注意(ちゅうい)している。

生活(せいかつ)保護(ほご)の受給者(じゅきゅうしゃ)を威圧(いあつ)するような言葉(ことば)が書か(かか)れていました。

神奈川県(かながわけん)小田原市(おだわらし)によりますと、生活(せいかつ)保護(ほご)を担当(たんとう)する職員(しょくいん)が受給者(じゅきゅうしゃ)の自宅(じたく)を訪問(ほうもん)する際(さい)、「保護(ほご)なめんな」「不正(ふせい)受給(じゅきゅう)をするような人(ひと)はカスである」などと英語(えいご)で書か(かか)れたジャンパーを着(き)ていました。これは、2007年(ねん)に職員(しょくいん)が受給者(じゅきゅうしゃ)に刃物(はもの)で切り付け(きりつけ)られる事件(じけん)があり、「不正(ふせい)受給(じゅきゅう)を許さ(ゆるさ)ない」という意味(いみ)で職員(しょくいん)が自主的(じしゅてき)に作っ(つくっ)たものでした。ジャンパーはこれまで、64人(にん)が自費(じひ)で購入(こうにゅう)したということです。市(し)は16日(にち)から、このジャンパーの着用(ちゃくよう)を禁止(きんし)しました。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク