毎日たばこ1箱で、肺細胞の遺伝子が年150個突然変異


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

毎日(まいにち)たばこを1箱(はこ)吸う(すう)と、1年間(ねんかん)で、肺(はい)の細胞(さいぼう)の遺伝子(いでんし)150個(こ)が、突然変異(とつぜんへんい)するという研究(けんきゅう)結果(けっか)が発表(はっぴょう)された。
国立(こくりつ)がん研究(がんけんきゅう)センターなどによると、1年間(ねんかん)、毎日(まいにち)たばこを1箱(はこ)吸い続ける(すいつづける)と、肺(はい)の細胞(さいぼう)の遺伝子(いでんし)150個(こ)に傷(きず)がつくなどの突然変異(とつぜんへんい)が起こる(おこる)という。
これらの変異(へんい)は、蓄積(ちくせき)すると、がん発症(はっしょう)の危険性(きけんせい)を高める(たかめる)とされている。
遺伝子(いでんし)の変異(へんい)は、肺(はい)のほか、咽頭(いんとう)(いんとう)や膀胱(ぼうこう)(ぼうこう)、肝臓(かんぞう)(かんぞう)などでも確認(かくにん)されたという。
研究(けんきゅう)グループは、喫煙(きつえん)によって傷つけ(きずつけ)られる遺伝子(いでんし)の数(かず)が、具体的(ぐたいてき)に判明(はんめい)したのは初めて(はじめて)だとしている。

肺がん たばこで遺伝子の突然変異が大量に




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク