テロで観光客が激減 パリ市が観光PRビデオ制作 日本円で約3400万円


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

フランスのパリ市(し)が、去年(きょねん)11月(がつ)の同時(どうじ)多発(たはつ)テロ以降(いこう)、激減(げきげん)している観光客(かんこうきゃく)を呼び戻そ(よびもどそ)うとPRビデオを制作(せいさく)しました。

パリ市(し)が30万(まん)ユーロ、日本円(にほんえん)で約(やく)3400万円(まんえん)をかけたPRビデオは「パリは生き続け(いきつづけ)ている」というテーマで、エッフェル塔(えっふぇるとう)や凱旋門(がいせんもん)(がいせんもん)など観光地(かんこうち)を舞台(ぶたい)に市民(しみん)の日常(にちじょう)が描か(えがか)れています。空港(くうこう)や航空機(こうくうき)内(ない)のほか、観光客(かんこうきゃく)の落ち込み(おちこみ)が激しい(はげしい)日本(にっぽん)などの街頭(がいとう)で放映(ほうえい)される予定(よてい)です。
 パリ市(し)・イダルゴ市長(しちょう):「世界(せかい)に送り出す(おくりだす)のは、この街(まち)が前進(ぜんしん)する、この街(まち)は怖(こわ)がっていないというメッセージです。もちろん身(み)を守り(まもり)、特に(とくに)セキュリティーではベストの条件(じょうけん)ですべての観光客(かんこうきゃく)をお迎え(おむかえ)したい」
 パリを訪れる(おとずれる)観光客(かんこうきゃく)の数(かず)は国別(くにべつ)では日本(にっぽん)が最も(もっとも)影響(えいきょう)が大きく(おおきく)、前の年(まえのとし)に比べ(くらべ)て46%減って(へって)います。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク