スマホの電磁波は電子レンジ 信じるか信じないかは あなた次第


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

電磁波の人体への影響〜スマホの危険性が電子レンジの比ではない!

スマホから出ているマイクロ波は、大雑把に言えば、電子レンジと同じ周波数帯域のマイクロ波です。

電子レンジの原理が、食材に含まれている水分子に外側から高エネルギーのマイクロ波を照射して、その水分子が「熱い、熱い」と暴れまわるときに出す摩擦熱によって自らを過熱させることは多くの人が知っています。

携帯電話も、マイクロ波ですから同じことが起きるのです。

1電磁波
上の画像は、携帯電話を使う前と後の温度の違いを示しています。
耳に携帯電話を接触させることは、脳にマイクロ波が至近距離から照射されることを意味します。
脳の中の水分が発熱するのです。

そのときに遺伝子構造の一部を壊すことも知られています。
http://matome.naver.jp/odai/2136084677017723601

▼ WHOも危険性を認める
2011年10月、とうとうWHOが携帯電話の発ガン性を認定しました。
WHOが、携帯電話を使いすぎると、悪性の脳腫瘍になる可能性があると認めたそうです。

ケータイ1日20分以上通話で脳腫瘍リスク3倍 税金投入の国内研究結果を隠す総務省

携帯電話のヒトへの影響を調べた日本の総務省出資の最新研究で、1日20分以上通話する人たちで脳腫瘍のリスクが3倍になるという結果が10月28日、海外の学術誌『Bio Electro Magnetics』で発表された。これまでのWHO研究とも一貫性がある結果だ。だが総務省は「国内向け発表の予定はない」としており、役所が発表しなければ、巨大広告主(携帯事業者、メーカー各社)に不利な情報をマスコミが独自報道することはありえず、国民には知らされない。業界や役所の権益にとって都合の悪い研究結果を無視するならば、安全性の研究を総務省に任せるわけにはいかない。
http://www.mynewsjapan.com/reports/1341

ケータイヘビーユーザは脳腫瘍1.9倍 WHO研究結果も、日英で180度異なる報道
携帯電話と脳腫瘍との関連を調べる世界最大規模の研究結果が、5月18日に発表された。世界保健機関(WHO)の中の国際がん研究機関(IARC)が進めていたインターフォン研究と呼ばれるもので、日本も含めた13カ国が参加している。結果について日本の新聞各紙が「関係なし」と広告スポンサーの立場から報じる一方、英タイムズ紙など海外紙は生活者の立場から「へービーユーザーでガンリスク上昇」と180度反対の報道。研究結果では、脳腫瘍リスクが1.4倍、側頭部では1.87倍など、一部のヘビーユーザーに限ってリスク増加が示唆されるにとどまっているが、深刻な問題は、発表が4年遅れる間に、我々のほとんどがヘビーユーザーになっていることだ。新聞が書かないIARC記者会見も含め、実情を報告する。
http://www.mynewsjapan.com/reports/1256

同じ研究結果で日本「安全」、海外「危険」
研究者の間で意見が分かれ、4年間も発表が遅れていた、いわくつきの研究が発表された。
 だが、ドコモやソフトバンクなど大スポンサーへの遠慮が欠かせない日本の大手マスコミは、報道そのものが少ないうえに視点も180度異なる。

 毎日新聞や産経新聞は「携帯で発がん、確認できず WHO機関が大規模調査」という見出しの共同通信ジュネーブ支社からの配信をベタ記事として掲載しているだけ。自社報道を出した日経でも見出しは同様に、「携帯と脳腫瘍の関係、大人は『確認できず』 WHO」というものだ。

 一方、海外紙ではどうか。

 英タイム紙は「ヘビーユーザーでがんリスク」という見出し。英テレグラフ紙も「画期的な研究で、ヘビーユーザーの危険の可能性を示す」とどちらも長期間のヘビーユーザーで脳腫瘍リスクが上昇している点を重視した見出しだ。

はたしてどちらの報道が正しいのか。
 
研究論文http://ije.oxfordjournals.org/content/39/3/675.abstract

妊娠中のパソコンやスマホの使用、電磁波による胎児への影響は?

スマホで長電話、ご飯はレンジでチン!…これヤバイ…。電磁波リスク報道しないマスコミは、原発安全洗脳と同じ構造。Unknownworld




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク