女性が精液を吸収すると 健康やうつに良く 幸福度が高い件


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

生(なま)でセックスが身体(しんたい)にいい理由(りゆう)

ニューヨーク州立(しゅうりつ)大学(だいがく)のゴードン・ギャラップ氏(し)は、293人(にん)の女性(じょせい)にセックスライフと幸福度(こうふくど)についてアンケート調査(ちょうさ)を行い(おこない)ました。

その結果(けっか)、セックスをするときにコンドームは着ける(つける)かという質問(しつもん)に「一度(いちど)も着け(つけ)たことがない」と回答(かいとう)した女性(じょせい)の幸福度(こうふくど)平均(へいきん)は8点(てん)(※低い(ひくい)得点(とくてん)であるほど幸福度(こうふくど)が高い(たかい))。この“ゴムなし派(は)”の女性(じょせい)たちは、「ときどき着ける(つける)」(10.5点(てん))、「たいてい着ける(つける)」(15点(てん))、「いつも着ける(つける)」(11.3点(てん))と回答(かいとう)した女性(じょせい)たちに比べ(くらべ)て幸福度(こうふくど)が高い(たかい)ということが判明(はんめい)したのです。

また、“ゴムなし派(は)”は“ゴムあり派(は)”よりも、うつ病(うつびょう)になりにくいということもわかりました。さらに、たくさんセックスをしていても、“ゴムあり派(は)”はセックスをしていないひとと同じように(おなじように)抑うつ(よくうつ)傾向(けいこう)や自傷(じしょう)行為(こうい)をする傾向(けいこう)がみられました。

このことから研究者(けんきゅうしゃ)らは、セックスの回数(かいすう)は関係なく(かんけいなく)、膣(ちつ)から精液(せいえき)が吸収(きゅうしゅう)されることが大事(だいじ)なのだと考え(かんがえ)ています。

精液(せいえき)には人(ひと)に幸福感(こうふくかん)を与える(あたえる)成分(せいぶん)が含ま(ふくま)れている

男性(だんせい)の精液(せいえき)を構成(こうせい)する50もの物質(ぶっしつ)の中(なか)には、コルチゾル(感情(かんじょう)を高める(たかめる))、エストロン(気分(きぶん)を高揚(こうよう)させる)、オキシトシン(同(どう))、セロトニン(抗うつ(こううつ)効果(こうか)のある神経(しんけい)伝達(でんたつ)物質(ぶっしつ))など人(ひと)に幸福感(こうふくかん)を与える(あたえる)物質(ぶっしつ)が豊富(ほうふ)に含ま(ふくま)れている。避妊(ひにん)しないで性交(せいこう)をした女性(じょせい)は、避妊(ひにん)して性交(せいこう)をした女性(じょせい)、またはまったく性交(せいこう)していない女性(じょせい)に比べ(くらべ)て、うつ的(てき)症状(しょうじょう)を示す(しめす)ことが少なかっ(すくなかっ)たという実例(じつれい)も。

たとえば「Archives of Sexual Behavior」に発表(はっぴょう)された研究(けんきゅう)では、避妊(ひにん)しないで性交(せいこう)をした女性(じょせい)は、避妊(ひにん)して性交(せいこう)をした女性(じょせい)、またはまったく性交(せいこう)していない女性(じょせい)に比べ(くらべ)て、うつ的(てき)症状(しょうじょう)を示す(しめす)ことが少なかっ(すくなかっ)たのです。これは性交(せいこう)の頻度(ひんど)や回数(かいすう)を数(すう)パターン試し(ためし)ても同じ(おなじ)でした。別(べつ)のもう少し(もうすこし)違った(ちがった)角度(かくど)の研究(けんきゅう)では、避妊具(ひにんぐ)を使わ(つかわ)ないゲイの男性(だんせい)においても同じ(おなじ)ような効果(こうか)が認め(みとめ)られたとしています。

残念(ざんねん)ながら、口(くち)から精液(せいえき)を摂取(せっしゅ)した場合(ばあい)に抗うつ(こううつ)効果(こうか)があるかを実験(じっけん)した研究(けんきゅう)例(れい)はないのですが、良い効果(よいこうか)がありそうに思え(おもえ)ます。また、精液(せいえき)を飲む(のむ)効果(こうか)として科学的(かがくてき)に証明(しょうめい)されていることもあります。それは女性(じょせい)の妊娠(にんしん)状態(じょうたい)をより安定(あんてい)させ、安産(あんざん)に導く(みちびく)効果(こうか)がありうるということです。これは、その女性(じょせい)がパートナーの抗原(こうげん)を吸収(きゅうしゅう)しているためです。
http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20120826/Gowmagazine_00002180.html

ただし、望ま(のぞま)ない妊娠(にんしん)や性病(せいびょう)のリスクのある行為(こうい)にはやはり細心(さいしん)の注意(ちゅうい)を払わ(はらわ)なければいけない。せめて、結婚してからにしましょう。

子宮頸がんと性行為の関係性 20代女性は特に注意?


子宮頚がんは、性行為により、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)が子宮頚に感染し、それが病変することで発症するとされている。台湾の国民健康局の統計データによれば、25~29歳の女性に子宮頸部細胞の異形成が最も多くみられ、その原因は……。

セックスが健康によい理由 ~理想の回数と理想の相手の選び方~

エッチはカラダに良いことだらけ! セッ○スの効能 10選




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク