2200人以上が輸血を通じてエイズウイルス(HIV)に感染していた


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

インドで、今年(ことし)3月(がつ)までの1年(ねん)5か月間(かげつかん)に2200人以上(にんいじょう)が輸血(ゆけつ)を通じ(つうじ)てエイズウイルス(HIV)に感染(かんせん)していたことが、同国(どうこく)の国家(こっか)エイズ抑制(よくせい)機関(きかん)(NACO)が開示(かいじ)したデータにより明らか(あきらか)になった。

ムンバイ(Mumbai)を拠点(きょてん)とする活動家(かつどうか)チェタン・コタリ(Chetan Kothari)氏(し)の請求(せいきゅう)に基づき(もとづき)開示(かいじ)されたデータによると、2014年(ねん)10月(がつ)から2016年(ねん)3月(がつ)までに2234人(にん)がHIVに感染(かんせん)した。

コタリ氏(し)は先月(せんげつ)にこのデータを受け取り(うけとり)、今月(こんげつ)1日(にち)にAFPに提供(ていきょう)した。コタリ氏(し)はAFPに対(たい)し、政府(せいふ)が輸血(ゆけつ)の安全性(あんぜんせい)確保(かくほ)に努め(つとめ)ているかを確認(かくにん)するために情報(じょうほう)開示(かいじ)を請求(せいきゅう)したが、結果(けっか)として「(HIV問題(もんだい)への)意識(いしき)の高まり(たかまり)にもかかわらず、輸血(ゆけつ)用(よう)血液(けつえき)のHIV検査(けんさ)が行われ(おこなわれ)ていないことが示さ(しめさ)れた」と語っ(かたっ)た。

 NACOのウェブサイトによると、インドでは農村部(のうそんぶ)を中心(ちゅうしん)に、検査(けんさ)機材(きざい)不足(ぶそく)から安全(あんぜん)な輸血(ゆけつ)用(よう)血液(けつえき)の確保(かくほ)が困難(こんなん)な状況(じょうきょう)となっている。(c)AFP
引用http://www.afpbb.com/articles/-/3089128?cx_part=topstory

【ソナガチ②Sonagachi】かなりヤバイ!!インド最大売春街に潜入捜査&調査




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク