抗生物質が効かない「スーパー耐性菌」、アメリカで初の感染が見つかる


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

米(べい)疾病(しっぺい)管理(かんり)予防(よぼう)センター(CDCP)は26日(にち)、知ら(しら)れている抗生物質(こうせいぶっしつ)すべてに耐性(たいせい)を示す(しめす)細菌(さいきん)への国内初(こくないはつ)の感染症(かんせんしょう)例(れい)を報告(ほうこく)し、この「スーパー耐性菌(たいせいきん)」が広がれ(ひろがれ)ば、深刻(しんこく)な危険(きけん)をもたらしかねないと重大(じゅうだい)な懸念(けねん)を示し(しめし)た。

 トーマス・フリーデンCDCP所長(しょちょう)はワシントンのナショナル・プレス・クラブでの講演(こうえん)で「ポスト抗生物質(こうせいぶっしつ)の世界(せかい)に突入(とつにゅう)するリスクがある」と語っ(かたっ)た。

 所長(しょちょう)によると、ペンシルバニア州(しゅう)に住む(すむ)49歳(さい)の女性(じょせい)がかかった尿路(にょうろ)感染症(かんせんしょう)は、「悪夢(あくむ)のような細菌(さいきん)」に最終的(さいしゅうてき)に投与(とうよ)される抗生物質(こうせいぶっしつ)コリスチンでも制御(せいぎょ)できなかったという。女性(じょせい)には発症前(はっしょうまえ)5カ月(かげつ)の旅行歴(りょこうれき)もなかった。

 このスーパー耐性菌(たいせいきん)は、米国(べいこく)微生物(びせいぶつ)学会(がっかい)の医学誌(いがくし)に掲載(けいさい)されたウォルター・リード陸軍(りくぐん)病院(びょういん)の研究(けんきゅう)結果(けっか)の中(なか)で報告(ほうこく)された。それによると、プラスミドと呼ばれる(よばれる)DNAの小片(しょうへん)を媒介(ばいかい)して、コリスチンへの耐性(たいせい)を示す(しめす)「MCR-1」遺伝子(いでんし)が取り込ま(とりこま)れたという。

 研究(けんきゅう)チームは「我々(われわれ)の知る(しる)限り(かぎり)、MCR-1が米国(べいこく)で見つかっ(みつかっ)た最初(さいしょ)の例(れい)だ」とし、「真に(しんに)幅広い(はばひろい)薬剤(やくざい)耐性菌(たいせいきん)の登場(とうじょう)を告げる(つげる)ものだ」と指摘(してき)した。

 ハーバード大(はーばーどだい)医学(いがく)大学院(だいがくいん)の上級(じょうきゅう)講師(こうし)である微生物(びせいぶつ)学者(がくしゃ)のゲール・キャッセル博士(はかせ)は「適切(てきせつ)に抑制(よくせい)されなければ、病院(びょういん)のような環境(かんきょう)でもすぐに広がる(ひろがる)可能性(かのうせい)がある」と指摘(してき)。ただ、ペンシルバニア州(しゅう)の患者(かんじゃ)がどのように感染(かんせん)し、コリスチン耐性菌(たいせいきん)が米国(べいこく)や世界(せかい)でどのくらい存在(そんざい)するかを調べ(しらべ)なければ、拡散(かくさん)するスピードはわからないと述べ(のべ)た。

【中国崩壊】WHO『2050年までに中国は毎年100万人早死する』と警告!!耐性菌が全世界の脅威に!!

「耐性菌」は何故できてしまうの?~抗生物質の中途半端な使用が危険な理由

適切(てきせつ)な濃度(のうど)、適切(てきせつ)な期間(きかん)で抗生物質(こうせいぶっしつ)を使用(しよう)すると、抗菌(こうきん)力(りょく)が効果的(こうかてき)に発揮(はっき)されるため、細菌(さいきん)は生き残る(いきのこる)ことができずに死滅(しめつ)します。

 しかし、中途半端(ちゅうとはんぱ)な濃度(のうど)、中途半端(ちゅうとはんぱ)な期間(きかん)で抗生物質(こうせいぶっしつ)を使用(しよう)すると、細菌(さいきん)は死な(しな)ない程度(ていど)の抗菌(こうきん)力(りょく)によってトレーニングされ、「耐性(たいせい)」を獲得(かくとく)してしまうことになります。

 症状(しょうじょう)が治まっ(おさまっ)たからといって、途中(とちゅう)で抗生物質(こうせいぶっしつ)を止め(とめ)てしまう人(ひと)が少なく(すくなく)ありません。しかし、抗生物質(こうせいぶっしつ)をこういった中途半端(ちゅうとはんぱ)な使い方(つかいかた)で服用(ふくよう)することは、細菌(さいきん)を訓練(くんれん)で鍛え(きたえ)ているようなものであり、非常に(ひじょうに)危険(きけん)であることを知る(しる)必要(ひつよう)があります。

引用http://www.fizz-di.jp/archives/1023943974.html

【韓国】抗生物質の乱用で耐性菌が7年で3倍以上増加

スーパー耐性菌に抗生物質が効かない、死の恐怖、WHO「極めて深刻な状況だ」

薬剤耐性菌対策について、政府が抗生物質使用量3分の2に減らす行動計画を出す

講演1:耐性菌の問題を他人事にできない理由/松本哲哉(東京医科大学)




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク