予防接種ワクチン驚きの成分を紹介 予防接種ワクチンの含有成分


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

「水銀」・・・日本ではメチロサールという名称ですが水銀含有成分です。過去に神経に支障をきたし自閉症の原因となる危険毒性が問題視されていますが、未だに添加しているワクチンはあります。

参考ファイル:http://www.doyaku.or.jp/guidance/data/H24-5.pdf

「不凍剤(液)」・・・有毒成分として知られており、大さじ一杯分で体重9kgの犬の致死量です。人体への影響も大きく、内臓疾患や血液への悪影響が指摘されています。

「ホルムアルテヒド」・・・急性毒性があり、国際がん研究機関ではグループ1に属するヒトに対する発がん性が認められる物質として警告されています。

「ホウ酸ナトリウム+水和物」・・・殺虫剤成分です。アメリカでは食品では使用禁止ですが、ワクチンでの含有は認められています。

「グルタルアルデヒド」・・・医療機器の滅菌、殺菌、消毒に用いられる殺菌消毒薬成分です。

「MSG」・・・これは危険な食品添加物のページでも紹介しましたが、食品だけでなくワクチンにも堂々使用しています。

「硫酸塩とリン酸塩化合物」・・・子供のアレルギーを引き起こす原因成分と言われています。

「硫酸ゲンタマイシン」・・・肺炎などの抗生物質に使われる成分で、確認されているだけでも20以上の副作用が報告されています。

「ネオマイシン」・・・乳児の血液に入ると稀にですがてんかんや知能障害を引き起こす成分が入っています。

「動物の細胞、DNA、血液、タンパク質、ウィルス」・・・信じられないかもしれませんが、サルの腎臓、牛の心臓、子牛の血清、鶏の胚卵、カモの卵、豚の血液、羊の血液、犬の腎臓、馬の血液、うさぎの脳、モルモットなどの動物から取れる臓器の組織細胞や血液、牛や豚のゼラチンタンパク質、モンキーウィルスSV40というサルのウィルス成分が含有されています。

「ヒト(胎児)のウィルス」・・・これまた信じられないかもしれませんが、流産や中絶で命を落とした胎児からウィルスを作りそれをワクチンに含有しています。

「アルミニウム」「フェノキシエタノール」「フェノール」「硫酸アンモニウム」「リン酸トリブチル」「βプロピオラクトン」・・・これらは発がん性物質が含まれているとされている成分です。

その他にも「ポリミキシンB」「ポリソルベート80」「ソルビトール」「アンホテリシン B」「ラテックス(ゴムの木成分の乳液)」「マイコプラズマ」「遺伝子組み換え酵母菌」「メタノール」など多数の有害とされる化学物質が含有されています。

引用 The Health Wyze Report “ Vaccine Ingredients and Vaccine Secrets”より
http://healthwyze.org/index.php/component/content/article/60-vaccine-secrets.html

インフルエンザワクチンを勧めない3つの理由

ワクチンで人間の遺伝子操作が行われている?

すでに実験が行われているそうです。ワクチンによる人間の遺伝子操作が。。。
恐ろしいことですね。特定の感染病を予防するワクチンは世界中の人々にとっては救世主であるかのように思わせておいて、実際の目的は決して明かそうとはしません。
これまでもワクチンによる被害が多発しています。現在のワクチンは病気の予防ではなく人々を弱体化するためのツールだといっても過言ではないでしょう。人々はワクチンに何が含まれているかを知らずに接種されているのです。
そしてワクチンの最終目的は、人間の遺伝子組み換えだそうです。強靭な体と知能を持ったスーパーソルジャーでも作るのかと思いきや。。。世界の90%の人々に対しては頭も悪く、弱々しくて、すぐに病気になってしまうような遺伝子に組み換えるのだそうです。
今後、生まれてくる子供たちはそのようなワクチンを接種されてしまうようになるのでしょうか。
各ワクチンに含まれる成分を根本から分析し公開されればよいのですが。。。どこの国の政府もそれをやろうとしません。なぜなら、ビル・ゲイツやその他の妖怪たちそしてグローバルの医薬品会社がそれを許さないからでしょう。

引用 http://www.thedailysheeple.com/new-vaccines-will-permanently-alter-human-dna_052016

人工的に作られた遺伝子を実験用のサルの筋肉に注射することによって、サルの遺伝子が作り直され特定の病気にかからないようになります。
このような科学的戦略を基に、現在、最初の人体実験(IGT=遺伝子を変えることによる免疫学的予防手段)が行われています。また、今後は複数の新たな実験も予定されています。

IGTは従来のワクチンとは全く異なります。これは遺伝子治療法なのです。つまり、特定の病気に対する抗体を生成する遺伝子を隔離させ、その後、人工的に作られた遺伝子を体内に注射し合成させます。

人工遺伝子はウイルスの中に混入させます。その後それをヒト組織(通常は筋肉)に注射します。
人工遺伝子が含まれたウイルスはヒト組織に入り込み、ウイルス内の人工遺伝子はワクチンを接種された人のDNAと合成することになります。つまり人間の遺伝子を恒久的に組み換えるということです。

その目的は基本的に2つあります。1つは、弱々しくて大人しく従順で依存的な人種を作ること。
そしてもう1つは、強靭で健康で賢くて才能ある人間を作ることです。

実際に、アメリカの医療体制下では、この10年間でFDAが承認した薬を投与されたり、医療ミスにより少なくとも220万人の患者が犠牲になっています。しかしこの事実を把握しているメディアも政府もこの問題に一切取り組もうとしません。

引用http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51986552.html

メディアが勧める脳を食べるワクチン… ナノテク注入 ロボトミー




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク