両親から虐待を受けているとして相模原市の児童相談所が対応に当たっていた男子中学生­が自殺


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

両親から虐待を受けているとして相模原市の児童相談所が対応に当たっていた男子中学生­が自殺を図り、先月、死亡していたことが分かりました。中学生は保護を求めていたとい­うことで、児童相談所は当時の対応に問題がなかったか検証することにしています。
相模原市によりますと、自殺を図ったのは相模原市の中学校に通っていた当時1年生の男­子生徒で、3年前に両親から虐待を受けていると学校から通告があり、市の児童相談所は­両親と生徒から家庭の状況を聞き取るなど対応に当たっていました。
この間、男子生徒は「児童養護施設で暮らしたい」などと児童相談所に保護を求めていま­したが、児童相談所は差し迫った危険性はないとして中学生を保護しませんでした。
そうしたなか、おととし10月に中学校から児童相談所に「男子生徒が父親から暴力を受­けた」と連絡があったあと、男子生徒はその翌月に自殺を図り、病院などで手当てを受け­ていましたが、先月、死亡したということです。
児童相談所は、当時の対応に問題がなかったか検証することにしています。
相模原市児童相談所の鳥谷明所長は「適切な対応に努めてきたと考えているが、結果とし­て生徒が亡くなってしまったことは重く受け止めている。私たちに足りなかったことがな­かったか考えたい」と話しています。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク