障害者施設で食中毒 中華丼に誤ってスイセンの葉 ニラかネギだと思って…


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

兵庫県(ひょうごけん)尼崎市(あまがさきし)は7日(にち)、同市内(どうしない)にある障害者(しょうがいしゃ)福祉(ふくし)施設(しせつ)で、野菜(やさい)と間違え(まちがえ)て調理(ちょうり)したスイセンの葉(は)を食べ(たべ)た32~71歳(さい)の男女計(だんじょけい)10人(にん)が食中毒(しょくちゅうどく)症状(しょうじょう)を訴え(うったえ)たと発表(はっぴょう)した。

 全員(ぜんいん)軽症(けいしょう)で、すでに回復(かいふく)したという。

 スイセンは、葉(は)がニラ、球根(きゅうこん)がタマネギに似(に)ているが、リコリンなどの有毒(ゆうどく)成分(せいぶん)が含ま(ふくま)れている。食べる(たべる)と嘔吐(おうと)(おうと)や下痢(げり)、発汗(はっかん)などの中毒症(ちゅうどくしょう)状(じょう)を起こす(おこす)。

 市(し)保健所(ほけんじょ)によると、今月(こんげつ)4日(4にち)に施設(しせつ)利用者(りようしゃ)と職員(しょくいん)が中華丼(ちゅうかどん)を調理(ちょうり)した際(さい)、利用者(りようしゃ)が施設内(しせつない)のプランターに植え(うえ)ていたスイセンの葉(は)を誤って(あやまって)使用(しよう)した。利用者(りようしゃ)は「ネギかニラだと思っ(おもっ)た」と話し(はなし)ていたという。

 この中華丼(ちゅうかどん)を利用者(りようしゃ)7人(にん)と職員(しょくいん)4人(にん)が食べ(たべ)たところ、うち10人(にん)が嘔吐(おうと)や腹痛(ふくつう)などの症状(しょうじょう)を訴え(うったえ)た。
引用http://news.livedoor.com/article/detail/11267046/

有毒の「スイセン」を「ニラ」と間違えて食べ、女性5人が食中毒症状を訴えた。5人は­岐阜県関市の河川敷で採取したスイセンの葉をニラと思い込み、5月4日夜、ニラと卵の­炒め物を作る際に使ったという。そして食べて10~20分後、全員に腹痛や嘔吐などの­症状が出た。緊急搬送されたが命に別条はないとのこと。スイセンの葉とニラは似ている­が、独特の臭いがあるニラに対してスイセンの葉は無臭で有毒成分を含んでおり、比較的­に幅が広く全体的に大きい。岐阜県は「ニラが自生することはないので間違えないように­」と注意を呼び掛けている。スイセンを食べたことによる食中毒は過去10年、全国で2­8件あり、122人の患者が出ているという。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク