不明マレー機と同型の「可能性大」 モザンビーク沿岸に残骸


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

東(ひがし)アフリカ・モザンビークの沿岸(えんがん)で、飛行機(ひこうき)の一部(いちぶ)とみられる残骸(ざんがい)が発見(はっけん)され、マレーシア運輸相(うんゆしょう)は2日(にち)、2014年(ねん)に消息(しょうそく)を絶っ(たっ)たマレーシア航空(まれーしあこうくう)(Malaysia Airlines)MH370便(びん)と同じ(おなじ)ボーイング(Boeing)777型機(がたき)のものである「可能性(かのうせい)が高い(たかい)」との見解(けんかい)を示し(しめし)た。

マレーシアのリオウ・ティオンライ(Liow Tiong Lai)運輸相(うんゆしょう)はツイッター(Twitter)に、「B777型機(がたき)のものである可能性(かのうせい)が高い(たかい)残骸(ざんがい)がモザンビークで発見(はっけん)された」と投稿(とうこう)。MH370便(びん)の残骸(ざんがい)であるかはまだ分から(わから)ないと注意(ちゅうい)を促し(うながし)た上(うえ)で、同機(どうき)捜索(そうさく)の調整役(ちょうせいやく)となっているオーストラリアと協力(きょうりょく)し、残骸(ざんがい)を入手(にゅうしゅ)して詳しく(くわしく)調べる(しらべる)意向(いこう)を明らか(あきらか)にした。

 これに先立ち(さきだち)、米(べい)NBCテレビは、残骸(ざんがい)1個(こ)がモザンビークとマダガスカルの間(あいだ)のモザンビーク海峡(かいきょう)(Mozambique Channel)にある砂州(さす)で発見(はっけん)されたと報じ(ほうじ)ていた。発見者(はっけんしゃ)は、MH370便(びん)の捜索(そうさく)についてのブログを書い(かい)ていた米国人(べいこくじん)だったという。モザンビーク当局(とうきょく)も、航空機(こうくうき)の部品(ぶひん)らしい物体(ぶったい)が米国人(べいこくじん)観光客(かんこうきゃく)から届け(とどけ)られたことを認め(みとめ)た。

NBCは、残骸(ざんがい)の写真(しゃしん)を見(み)た米国(べいこく)、マレーシア、オーストラリアの3か国(かこく)の調査(ちょうさ)担当者(たんとうしゃ)の話(はなし)として、見つかっ(みつかっ)た残骸(ざんがい)は機体(きたい)尾(お)部(ぶ)にある水平(すいへい)安定(あんてい)板(ばん)の可能性(かのうせい)があると報じ(ほうじ)ている。

 乗客(じょうきゃく)乗員(じょういん)239人(にん)を乗せ(のせ)たMH370便(びん)は2014年(ねん)3月(がつ)8日(にち)、クアラルンプール(Kuala Lumpur)から北京(ぺきん)(Beijing)に向かっ(むかっ)ていた途中(とちゅう)、消息(しょうそく)を絶っ(たっ)た。昨年(さくねん)7月(がつ)には、インド洋(いんどよう)(Indian Ocean)のフランス海外(かいがい)県(けん)レユニオン(Reunion)島(しま)で同機(どうき)の残骸(ざんがい)の一部(いちぶ)が発見(はっけん)されており、今回(こんかい)の残骸(ざんがい)がMH370便(びん)のものと確認(かくにん)されれば2つ目(め)の残骸(ざんがい)発見(はっけん)となる。
消息不明のマレーシア航空事故を中国が利用している

マレーシア航空機事故!反対海域へ向け飛んだ飛行物体の謎!

マレーシア航空機はどこへ行ったのか?




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク