本田が3ゴールを演出 絶好調 ミランが大勝で13年ぶりの伊杯決勝進出


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

コッパ・イタリア準決勝(じゅんけっしょう)セカンドレグが3月(がつ)1日(にち)に行われ(おこなわれ)、日本(にっぽん)代表(だいひょう)FW本田(ほんだ)圭佑(けいすけ)が所属(しょぞく)するミランとレーガ・プロ(3部(ぶ))のアレッサンドリアが対戦(たいせん)した。本田(ほんだ)は右(みぎ)サイドハーフで先発(せんぱつ)出場(しゅつじょう)している。

ミランは3回戦(かいせん)から登場(とうじょう)し、セリエBのペルージャとクロトーネ、セリエAのサンプドリアとカルピを撃破(げきは)して準決勝(じゅんけっしょう)に進出(しんしゅつ)。1月(がつ)26日(にち)に行われ(おこなわれ)たファーストレグではFWマリオ・バロテッリのゴールにより、1-0の勝利(しょうり)を収め(おさめ)た。ミランは2002-03シーズン以来(いらい)となる13年ぶり(ねんぶり)6度目(どめ)の制覇(せいは)を狙う(ねらう)。一方(いっぽう)、3部(ぶ)のクラブとしては32年ぶり(ねんぶり)に準決勝(じゅんけっしょう)進出(しんしゅつ)を果たし(はたし)たアレッサンドリア。逆転(ぎゃくてん)で80年ぶり(ねんぶり)の優勝(ゆうしょう)を狙う(ねらう)。ミランの先発(せんぱつ)メンバーには、出場(しゅつじょう)機会(きかい)の少ない(すくない)GKクリスティアン・アッビアーティ、MFアンドレア・ポーリ、FWジェレミー・メネズ、FWマリオ・バロテッリらが名(な)を連ね(つらね)た。

最初(さいしょ)に決定機(けっていき)を迎え(むかえ)たのはミラン。7分(ふん)、ユライ・クツカがドリブルでエリア内(ない)左(ひだり)へ進入(しんにゅう)。相手(あいて)DFをかわして折り返し(おりかえし)のボールを送る(おくる)と、ゴール前(ごーるまえ)でフリーになっていた本田(ほんだ)が左足(ひだりあし)で合わせ(あわせ)たが、ボールは枠(わく)の上(うえ)に外れ(はずれ)てしまった。本田(ほんだ)にとっては絶好(ぜっこう)の得点(とくてん)機会(きかい)だったが、決め(きめ)切る(きる)ことはできなかった。

 ミランはアレッサンドリアのチャンスを2回(かい)連続(れんぞく)で防ぐ(ふせぐ)と、今度(こんど)は先制点(せんせいてん)を目指し(めざし)て相手(あいて)ゴールに迫る(せまる)。15分(ふん)、左(ひだり)サイドのバロテッリがエリア内(ない)の右(みぎ)から左(ひだり)へ走りこん(はしりこん)だ本田(ほんだ)へ浮き玉(うきだま)のパスを送る(おくる)。本田(ほんだ)がヒールで落とす(おとす)と、メネズが右足(みぎあし)シュートを狙っ(ねらっ)たが、ここは決め(きめ)切る(きる)ことができなかった。

ミランはアレッサンドリアのチャンスを2回(かい)連続(れんぞく)で防ぐ(ふせぐ)と、今度(こんど)は先制点(せんせいてん)を目指し(めざし)て相手(あいて)ゴールに迫る(せまる)。15分(ふん)、左(ひだり)サイドのバロテッリがエリア内(ない)の右(みぎ)から左(ひだり)へ走りこん(はしりこん)だ本田(ほんだ)へ浮き玉(うきだま)のパスを送る(おくる)。本田(ほんだ)がヒールで落とす(おとす)と、メネズが右足(みぎあし)シュートを狙っ(ねらっ)たが、ここは決め(きめ)切る(きる)ことができなかった。

 ようやくスコアが動い(うごい)たのは20分(ふん)、バロテッリからパスを受け(うけ)た本田(ほんだ)がダイレクトで前線(ぜんせん)へ浮き(うき)球(たま)のパスを送る(おくる)。絶妙(ぜつみょう)なボールに抜けだし(ぬけだし)たメネズがエリア内(ない)右(みぎ)から右足(みぎあし)シュートを放つ(はなつ)と、これがゴール左下(ひだりした)に決まり(きまり)、ミランが先制(せんせい)に成功(せいこう)した。

 続く(つづく)25分(ふん)、右(みぎ)CKを獲得(かくとく)すると、ジャコモ・ボナヴェントゥーラが右足(みぎあし)でクロスを供給(きょうきゅう)する。ゴール前(ごーるまえ)のクツカが頭(あたま)で合わせる(あわせる)と、ファーサイドに流れ(ながれ)たボールをアレッシオ・ロマニョーリが押し込み(おしこみ)、ミランがすぐさま追加点(ついかてん)を奪っ(うばっ)た。

 その後(そのご)もアレッサンドリアを押しこむ(おしこむ)ミラン。39分(ふん)、エリア内(ない)右(みぎ)で本田(ほんだ)がパスを受ける(うける)と、一瞬(いっしゅん)のタメを作っ(つくっ)て外(そと)へ回りこん(まわりこん)だポーリへパス。ポーリが折り返し(おりかえし)たボールをフリーのメネズがこれを押し込み(おしこみ)、ミランがリードを3点(てん)に広げ(ひろげ)た。このままミランが大量(たいりょう)リードを得(え)てハーフタイムを迎え(むかえ)た。

ミランは後半(こうはん)開始(かいし)からクツカを温存(おんぞん)し、ホセ・マウリが途中(とちゅう)投入(とうにゅう)。さらに58分(ふん)にはボナヴェントゥーラを下げ(さげ)てケヴィン・プリンス・ボアテングをピッチに送り込ん(おくりこん)だ。

 なんとか1点(てん)を返し(かえし)たいアレッサンドリアもチャンスを作る(つくる)。62分(ふん)、右(みぎ)サイドからマッシモ・ロヴィーゾがクロスを入れる(いれる)と、マヌエル・フィッシュナレルが頭(あたま)で合わせ(あわせ)たが、ボールはわずかにゴール左(ひだり)へ外れ(はずれ)てしまった。

 ミランは76分(ふん)にこの試合(しあい)2ゴールのメネズを下げ(さげ)、カルロス・バッカを投入(とうにゅう)した。直後(ちょくご)の77分(ふん)、アレッサンドリアが決定機(けっていき)を作る(つくる)。右(みぎ)サイドのヴェドラン・チェリャクが上げ(あげ)た鋭い(するどい)クロスをニアのフィッシュナレルが合わせる(あわせる)。ボールはGKアッビアーティの股(もも)を抜け(ぬけ)たが、ここはマッティア・デ・シリオがなんとかカバーに入って(はいって)ゴールを阻止(そし)した。

 すると80分(ふん)、ミランが右(みぎ)CKを獲得(かくとく)。本田(ほんだ)のクロスがワンバウンドしてファーサイドへ流れる(ながれる)。これをロマニョーリが合わせる(あわせる)と、一度(いちど)はDFがボールをかき出し(かきだし)たかに思わ(おもわ)れたが、ゴールラインテクノロジーの判定(はんてい)で得点(とくてん)が認め(みとめ)られた。

最後(さいご)まで攻め(せめ)てを緩め(ゆるめ)ないミラン。89分(ふん)、オフサイドぎりぎりでマウリからのパスに抜けだし(ぬけだし)たバロテッリが、GKとの一対一(いったいいち)から股(もも)抜き(ぬき)シュート。これが決まり(きまり)、ミランが5点目(てんめ)を奪っ(うばっ)た。このままミランが5-0でアレッサンドリアに大勝(たいしょう)を収め(おさめ)、2002-03シーズン以来(いらい)13年ぶり(ねんぶり)の決勝(けっしょう)進出(しんしゅつ)を決め(きめ)ている。なお、本田(ほんだ)はフル出場(しゅつじょう)を果たし(はたし)た。

 決勝(けっしょう)は5月(がつ)21日(にち)にローマ・スタディオ・オリンピコで行われ(おこなわれ)、ミランはユヴェントスと日本(にっぽん)代表(だいひょう)DF長友(ながとも)佑都(ゆうと)が所属(しょぞく)するインテルの勝者(しょうしゃ)と対戦(たいせん)する。

スコア】
ミラン 5-0(2試合合計スコア:6-0) アレッサンドリア

【得点者】
1-0 20分 ジェレミー・メネズ(ミラン)
2-0 25分 アレッシオ・ロマニョーリ(ミラン)
3-0 39分 ジェレミー・メネズ(ミラン)
4-0 80分 アレッシオ・ロマニョーリ(ミラン)
5-0 89分 マリオ・バロテッリ(ミラン)




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク