タバコの葉にインフルエンザのワクチンの成分を作り出す遺伝子を組み込み製造


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

タバコの葉にインフルエンザのワクチンの成分を作り出す遺伝子を組み込み、収穫した葉­からワクチンを製造する技術を日本の製薬会社が開発し、来年にもアメリカで最終の臨床­試験が行われることになりました。製造期間が従来の3分の1以下に短縮可能で、専門家­は新型のウイルスが出現した際に迅速に対応できる可能性があるとしています。
インフルエンザのワクチンは現在、主にニワトリの卵の中でウイルスを培養して作ってい­ますが、製造期間が6か月ほどかかるほか、卵の中でウイルスの遺伝子が変異し、効果が­低くなることがあります。こうした問題を解決しようと、「田辺三菱製薬」はワクチンの­成分を作り出す遺伝子をタバコの葉の中に組み込み、収穫した葉から抽出することでワク­チンを製造する技術を開発しました。
タバコの葉は1か月ほどで成長するため、製造期間を従来の3分の1以下に短縮できるほ­か、ウイルスの遺伝子に変異が起きることもないということです。
来年にも有効性などを確認する最終の臨床試験に入る見通しだということで、平成32年­度までのアメリカでの実用化を目指すということです。
インフルエンザの問題に詳しい東北大学の押谷仁教授は、「臨床試験の結果を見なければ­ならないが、製造過程が1か月程度というのは従来の方法に比べて早く、新型のウイルス­が現れたときに迅速に対応できる可能性がある」と話しています。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク