無料でアクセスできるWi-Fiスポット 実は危険かも?


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

外出先(がいしゅつさき)で無料(むりょう)でアクセスできるWi-Fiスポット。なかにはアクセスにパスワードの入力(にゅうりょく)すら必要(ひつよう)としない、セキュリティ設定(せってい)の低い(ひくい)ものもありますよね。だれでも利用(りよう)しやすいようにとの善意(ぜんい)からかもしれませんけど…。

このほどセキュリティ企業(きぎょう)のAvast Softwareは、どれほど多く(おおく)のスマートフォンユーザーが、セキュリティの危険(きけん)を無視(むし)して、怪し(あやし)げな無料(むりょう)のWi-Fiスポットへと接続(せつぞく)してしまいがちなのかを実証(じっしょう)する「Avast Wi-Fi Hack Experiment」を敢行(かんこう)。先日(せんじつ)スペインのバルセロナで開催(かいさい)されたモバイル・ワールド・コングレス(MWC)への訪問客(ほうもんきゃく)でにぎわうバルセロナ空港(くうこう)におきまして、4時間(じかん)におよぶフィールドテストを実施(じっし)しましたよ。

Avast Wi-Fi Hack Experimentでは、空港内(くうこうない)の各所(かくしょ)に、一見(いっけん)すると公式(こうしき)Wi-Fiスポットのような「Starbucks」や「Airport_Free_Wifi_AENA」といったSSIDのアクセスポイントを設置(せっち)。また、MWCへの登録(とうろく)ブース横(よこ)には、これまたオフィシャルっぽい「MWC Free WiFi」なるSSIDのアクセスポイントをセットアップして、いずれもパスワードで保護(ほご)されていない、誰(だれ)でも接続(せつぞく)できる状態(じょうたい)にしておきました。

すると、わずか4時間(じかん)で、無防備(むぼうび)にも同(どう)アクセスポイントへと接続(せつぞく)したユーザー数(すう)は2,000人(にん)を突破(とっぱ)! こうしたセキュリティ設定(せってい)の低い(ひくい)公共(こうきょう)Wi-Fiの利用時(りようじ)には必須(ひっす)となるVPNサービスを、きちんと利用(りよう)していたユーザーはほとんどいなかったんだとか。同社(どうしゃ)のテストスタッフには、接続(せつぞく)ユーザーが、どんなサイトを閲覧(えつらん)し、スマートフォンにはどんなアプリがインストールされているのか、ほぼすべて丸見え(まるみえ)となっていたことが明らか(あきらか)にされていますよ。

もちろん、この実験(じっけん)では集め(あつめ)たデータは一切(いっさい)保存(ほぞん)されずに破棄(はき)されました。とはいえ、その気(そのき)になれば接続(せつぞく)ユーザーがどこへメールを送信(そうしん)し、どのようなパスワードを入力(にゅうりょく)したのかまで、簡単(かんたん)に情報(じょうほう)収集(しゅうしゅう)して悪用(あくよう)も可能(かのう)だったことが警告(けいこく)されています。

多く(おおく)のMWC参加者(さんかしゃ)が海外(かいがい)から訪れ(おとずれ)、高額(こうがく)なデータローミングではなく、無料(むりょう)のWi-Fiを好んで(このんで)利用(りよう)して節約(せつやく)しようとしたのは驚く(おどろく)べきことではない。

テック系(けい)のイベントであるMWCに来場(らいじょう)する人々(ひとびと)でも、まんまと偽装(ぎそう)Wi-Fiスポットに引っかかっ(ひっかかっ)てしまった理由(りゆう)を、Avast Softwareのモバイル部門(ぶもん)を率いる(ひきいる)Gagan Singh氏(し)は、こんなふうに説明し(せつめいし)ています。しかしながら、こうしたユーザーを狙い(ねらい)、いかにもオフィシャルっぽいSSIDの無料(むりょう)Wi-Fiスポットを立ち上げ(たちあげ)て、次々(つぎつぎ)と接続(せつぞく)ユーザーから個人(こじん)情報(じょうほう)を盗み出す(ぬすみだす)悪意(あくい)のあるハッカーが存在(そんざい)してもおかしくはありませんよね~。

オープンなWi-Fiスポットの利用(りよう)は安全(あんぜん)でないことくらい、多く(おおく)の人(ひと)が認識(にんしき)していることだ。とはいえ、たとえその点(そのてん)を認識(にんしき)していても、スマートフォンの設定(せってい)次第(しだい)では、自動的(じどうてき)に(安全(あんぜん)でないものも含め(ふくめ))Wi-Fiスポットへ接続(せつぞく)してしまうことは、あまり認知(にんち)されていない。

Avast Wi-Fi Hack Experimentを振りかえっ(ふりかえっ)て、Singh氏(し)は、こんなコメントも出し(だし)ています。パスワードで保護(ほご)されていないWi-Fiスポットへ、自動(じどう)で接続(せつぞく)する設定(せってい)を使用(しよう)しているユーザーは、とりわけ注意(ちゅうい)しなければならないでしょう。無料(むりょう)でWi-Fiが使える(つかえる)と喜ん(よろこん)でいたら、知ら(しら)ないうちに重要(じゅうよう)機密(きみつ)を抜き(ぬき)取られ(とられ)まくっていたなんてことにならないよう、外出先(がいしゅつさき)では気(き)をつけないといけませんね。

引用 http://news.livedoor.com/article/detail/11225596/

【無料Wifi】 街中のフリースポットで やってはいけないこと

番組では、ネットセキュリティのプロである石川英治さんが、スマートフォンのクラッキ­ングを実演していました。
使ったのはパソコン1台のみ。石川さんが番組出演者のスマートフォンを乗っ取るのにか­かった時間は、なんと、1分28秒でした。
たったそれだけの時間で、スマートフォンを乗っ取ってしまったのです。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク