福島第1原発の汚染水対策 凍土遮水壁の現場公開


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

福島第1原発で進む、汚染水対策の鍵を握るとされる、凍土遮水壁の現場が公開された。
東京電力が公開した凍土遮水壁の現場には、1メートル間隔で、地中に打ち込まれた凍結­管が並んでいた。
福島第1原発2号機のすぐ目の前には、直径50cm以上もある太い配管が、延々と建屋­を取り囲むように伸びている。
1,658本の凍結管が、地下30メートルまで突き刺さっている。
凍土遮水壁は、1号機から4号機を囲むように土壌を凍らせて、建屋に地下水が入り込む­のを防ぐもの。
その長さは1.5kmで、東京電力の計画では、海側を先行して凍らせたあと、山側は全­面ではなく、全体の5%を残して段階的に凍らせる。
これは、地下水の変化を抑えるためで、急激な水位の低下によって、建屋から汚染水が漏­れ出すおそれが指摘されていた。
東京電力では、海側と山側の95%が凍結できれば、日々増え続ける汚染水の量を、1日­あたり500トンから250トンまで減らせると試算している。
凍土遮水壁の冷却材を冷やすための冷凍機は、いつでも凍土遮水壁を運用可能の状態にし­ておくために、すでに電源が入っている。
総延長1.5kmの配管に流し込むため、冷凍機の数も30台ある。
資源エネルギー庁・木野正登汚染水対策官は「凍土壁は、100%閉合して、初めて抜本­的対策と言えると思うので、95%まで認めていただくだけではなく、100%の閉合に­向けて、しっかりと規制委員会にデータを示しながら、理解をしていただくことが大事」­と話した。
東京電力では、22日、原子力規制委員会に凍土遮水壁の実施計画を提出した。
3月3日に協議され、早ければ3月から凍結が始まる。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク