神戸の病院で院内感染か B型肝炎で患者3人死亡


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

神戸市の病院に入院していた患者3人が相次いで急性B型肝炎を発症し、死亡していたことが分かりました。病院は院内感染の可能性もあるとしています。

 神戸市北区の神戸中央病院で去年、患者の男女3人が急性B型肝炎を発症し、その後、相次いで死亡しました。病院によりますと、3人は去年7月の2日間、同じ病棟の別の病室に入院していました。B型肝炎のウイルスは血液を介して感染し、数カ月の潜伏期間を経て発症するとされますが、当時、病院は3人に対して、輸血など共通の処置はしていなかったということです。第三者委員会の報告では、3人が感染していたウイルスの遺伝子型が「ほぼ同じ」だったということで、病院は院内感染の可能性もあるとみて感染源の特定を進めています。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク