北の脅威に総理と米軍司令官が会談


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

安倍(あべ)総理(そうり)大臣(だいじん)はアメリカ太平洋(たいへいよう)軍(ぐん)のハリス司令官(しれいかん)と会談(かいだん)し、北朝鮮(きたちょうせん)の核実験(かくじっけん)や事実上(じじつじょう)の弾道(だんどう)ミサイル発射(はっしゃ)を受け(うけ)て、今後(こんご)も日米(にちべい)で緊密(きんみつ)に連携(れんけい)していくことを確認(かくにん)しました。

 安倍(あべ)総理(そうり)大臣(だいじん):「北朝鮮(きたちょうせん)のそうした行動(こうどう)に対(たい)して、日米(にちべい)で連携(れんけい)して対応(たいおう)していきたい。国際(こくさい)社会(しゃかい)とも、あるいは国連(こくれん)の場(ば)で厳しく(きびしく)対応(たいおう)していきたいと思い(おもい)ます」
 また、安倍(あべ)総理(そうり)は今月(こんげつ)7日(にち)のミサイルへの対応(たいおう)について、去年(きょねん)に成立(せいりつ)した安全保障(あんぜんほしょう)関連法(かんれんほう)と改定(かいてい)された日米(にちべい)ガイドラインのもとで「強化(きょうか)された日米(にちべい)同盟(どうめい)が円滑(えんかつ)に効果(こうか)を上げ(あげ)た」と強調(きょうちょう)しました。さらに安倍(あべ)総理(そうり)は、北朝鮮(きたちょうせん)のミサイル発射(はっしゃ)は「日本(にっぽん)にとっての直接的(ちょくせつてき)な脅威(きょうい)であると同時に(どうじに)アメリカへの挑戦(ちょうせん)ではないか」と指摘(してき)し、ハリス氏(し)も「北朝鮮(きたちょうせん)の政権(せいけん)の危険性(きけんせい)をよく表し(あらわし)ている」と応じ(おうじ)ました。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク