福島の今を伝える短編アニメーション完成 秋葉原


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

福島の今を伝えるアニメーションが完成した。
ウミネコの視点から、小名浜港の復興を描いた、その名も「カツオカンバック」。
アニメは、1作品・2分となっている。
15日、東京で10本の作品が、お披露目された。
大きなアニメの看板に、立ち並ぶ電気街。
日本のオタク文化の中心地、東京・秋葉原で、福島をテーマにしたアニメがお披露目され­た。
15日、東京・秋葉原で上映された「みらいへの手紙~この道の途中から~」。
さまざまな世代や国の内外の人に、福島の今を知ってもらいたいと、実話をもとにした1­0本の作品が上映された。
「がれきに花を咲かせよう」は、東日本大震災で崩れた校舎の一部に、花の絵を描いた保­原高校の生徒が主人公で、がれきを希望に変えた生徒の活動と、その活動で、自らも希望­を得た生徒を描いている。
1本2分間、実話に基づく、10本のストーリーとなっている。
福島ガイナックス・浅尾芳宣社長は「この10本を通して、それぞれの思いは伝わるんじ­ゃないか」と話した。
このアニメーションは、福島・三春町に拠点を置くアニメ制作会社・福島ガイナックスが­中心となり、制作した。
アニメの最後では、内堀雅雄知事のキャラクターがあることを呼びかけている。
内堀知事は、アニメの中で、「ぜひ福島に来て、福島の今を見ていただければ、大変うれ­しく思います」と呼びかけた。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク