朝食抜くと脳出血リスク上昇 13年間の追跡調査


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

朝食を食べるのが週に2回以下の人は、毎日食べる人に比べて脳出血になるリスクが36­%高まるという研究成果を、国立がん研究センターなどのグループが発表しました。
国立がん研究センターと大阪大学などのグループは、岩手県や長野県など全国8つの県に­住む45歳から74歳までの8万3000人を13年間にわたって追跡し健康状態を調べ­ました。
その結果、朝食を食べるのが週に2回以下の人は、毎日食べる人に比べて脳出血を発症す­るリスクが36%高かったということです。脳出血は高血圧の人がなりやすいことが分か­っていますが、朝食を食べないと、空腹によるストレスなどから血圧が上がることが報告­されています。このためグループでは、朝食を抜いたために、朝血圧が上がり脳出血のリ­スクが高まった可能性があるとしています。
この研究を行った大阪大学の磯博康教授は「中年以降になっても、朝食を抜くことが脳出­血のリスクを高めるなど健康に悪い影響を及ぼす可能性がある。できるだけ朝何か口に入­れるよう心がけてほしい」と話しています。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク