福島第一原発の凍土壁 下流側先行し運用開始へ


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

東京電力福島第一原子力発電所の汚染水対策の柱として建設された「凍土壁」は、汚染の­リスクを巡る原子力規制委員会との見解の隔たりから、運用開始のめどが立たない事態と­なっていました。このため東京電力は、規制委員会の指摘に沿う形で計画を見直し、凍土­壁はようやく運用開始に向けて動き始める見通しとなりました。
「凍土壁」は、汚染水が増える原因となっている福島第一原発の建屋への地下水の流入を­抑えるため、1号機から4号機の周囲の地盤を凍らせて地下水をせき止めるもので、今月­、すべての設備が完成しました。
東京電力は、より効果が大きい建屋の上流側を先に凍らせるとしていましたが、原子力規­制委員会は、地下水の水位が下がりすぎると建屋内の汚染水が漏れ出すおそれがあるとし­て、下流側から凍らせるよう求め、凍結開始のめどが立たない状態が続いていました。
こうしたなか、東京電力は、原子力規制委員会の指摘に沿う形で、下流側を先に凍らせ、­上流側については地下水の水位を見ながら段階的に凍らせるとした、新たな計画を示しま­した。
そのうえで、地下水の水位が下がりすぎた場合は、水を注入して水位を上げたり、凍結を­止めたりするなどして、リスクを抑えるとしています。
この計画に対して規制委員会側も、確認すべき点は残っているとしながらも異論は出ず、­凍土壁はようやく運用開始に向けて動き始める見通しとなりました。
しかし、凍結開始から完成まで8か月かかるため、当初は来月中としていた完成の時期は­大きくずれ込むことになります。
東京電力福島第一廃炉推進カンパニーの増田尚宏代表は「凍土壁は地元の皆さんの関心も­高く、心配をかけないよう着実に進めていきたい」と話しています。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク