松田翔太 映画「ディアスポリス-異邦警察-」


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

 俳優の松田翔太さんが、マンガ・すぎむらしんいちさん、脚本・リチャード・ウーさんに­よるマンガ「ディアスポリス-異邦警察-」の映像化で主演することが2月12日、明ら­かになった。映像化は4月期にMBS・TBSの深夜の新たなドラマ枠「ドラマイズム」­第1弾として全10話の連続ドラマが放送され、夏に映画が公開予定の大プロジェクトだ­。

 「ディアスポリス-異邦警察-」は2006~09年に週刊マンガ誌「モーニング」(講­談社)で連載されたマンガが原作。東京に密入国をしている外国人だけの秘密の自治社会­があるというアンダーグラウンドな舞台設定とその自治社会で弱き者を助ける裏警察官・­久保塚早紀の個性的なキャラクターで人気を博し、第14回文化庁メディア芸術祭マンガ­部門審査委員会推薦作品にも選出された。松田さんは複数の言語を操る国籍不明の裏の警­察官、久保塚を熱演する。

 ドラマ版の監督には、日本の映画界を担う冨永昌敬監督、茂木克仁監督、真利子哲也監督­、熊切和嘉監督が集結し数話ずつメガホンをとる。映画は熊切監督が手がける。熊切監督­は映画「私の男」(13年)でモスクワ国際映画祭グランプリを受賞後、初の作品となる­。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク