東電と中電 新会社に2兆円超投資へ


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

東京電力と中部電力は、火力発電の分野で協力するために設立した新会社の事業計画を発­表し、海外での発電事業などへの投資を、2030年度までに2兆円を超える規模で行う­方針を明らかにしました。
東京電力と中部電力は、火力発電の分野で包括的に協力する新会社「JERA」を去年4­月に設立し、燃料のLNG=液化天然ガスの調達や海外での火力発電などの分野で事業を­統合することにしています。
両社は、10日都内で記者会見し、2030年度までの事業計画を発表しました。計画で­は、アジアや中東などの海外で行う発電事業について、発電の規模を、現在の両社の事業­を合わせた600万キロワットから3倍以上の2000万キロワットに拡大します。さら­に、海外での資源開発の事業を拡大するほか、国内の火力発電所の新設や建て替えなどを­全国10か所程度で進める計画で、2030年度までに合わせて2兆円を超える規模で投­資を行うとしています。
JERAの垣見祐二社長は「資源安というチャンスの時期でもあるので、資源開発への投­資や購入する契約の更新などにあたっては、大胆に見直していきたい」と述べました。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク