珍渦虫 ちんうずむし 謎の深海生物、60年経て正体判明


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

珍渦虫

しかし西オーストラリア博物館のネリダ・ウィルソン研究員らのチームが調べた結果、珍渦虫はもともと進化の枝分かれの初期に位置する単純な生物だったことが分かったという。
12年前に太平洋でこの生物の4種類の新種を発見し、履き捨てた靴下のような姿をしていたことから「紫の靴下」というニックネームを付けた。遺伝子などを詳しく調べた結果、複雑な生物が退化したのではなく、最初から単純な生物だったとの結論に至ったとしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160205-35077435-cnn-int

珍渦虫(ちんうずむし)Xenoturbella はバルト海の海底に生息するウズムシ様の左右相称動物の一種。1属2種のみが知られている小さいグループで、その分類上の位置が永い間定まらなかった謎の多い動物である。
1949年に発見されたが、その分類は長らく謎だった。一時は二枚貝に近い軟体動物であろうとされたが(Noren & Jondelius, 1997) 、あまりにも体の構造が異なることから、この論は驚きをもって受け止められた。しかし実際には、これはサンプルにこの動物が食べた軟体動物の幼生が混入していたためらしい(DNAサンプルにもこれが混入して誤認された)。
2003年にDNAによる系統研究が行われ、新口動物に属する独立のグループとされた(Bourlat et al., 2003)。さらにその後の詳細な研究の結果、独立の門「珍渦虫動物門」Xenoturbellida とされている(棘皮動物などに近い:Bourlat et al., 2006)。
長さは4 cm以下でやや細長く、扁平で左右対称。体制は非常に単純で、中枢神経系や、生殖腺その他の独立した器官はない。下向きの口とそれに続く”腸”(肛門はない)だけがある。生殖法も不明。表面に繊毛があり散在神経系はある。
Xenoturbella 属は次の2種からなる。今のところバルト海でだけ見つかっている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8F%8D%E6%B8%A6%E8%99%AB

謎の深海生物、60年経て正体判明 – CNN Japan


CNN Japan

謎の深海生物、60年経て正体判明
CNN Japan
珍渦虫(ちんうずむし)」と呼ばれるこの生物は、脳も目も生殖器もなく、1つだけある開口部から餌を取り込んで排泄(はいせつ)物を出す。スウェーデン沖で発見され、1949年に報告されていながら、正体についてはさまざまな説があった。当初は軟体動物と誤解され、複雑な生物 …

脳も生殖器もない「珍渦虫」 筑波大など成長解明 – 日本経済新聞

脳も生殖器もない「珍渦虫」 筑波大など成長解明
日本経済新聞
欧州の海底にすむ謎の生物「珍渦虫(ちんうずむし)」が卵から成長する過程を、筑波大などの国際研究チームが世界で初めて明らかにした。珍渦虫の成体は体長1~3センチメートルで、腹側に口があるものの脳や生殖器官、肛門などの多くの動物にある器官がない「 …




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク