ISSに物資補給する無人宇宙船の打ち上げ失敗 上空で爆発


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

isis000

bakutatu

ISSに物資補給する無人宇宙船の打ち上げ失敗 上空で爆発

ISS(国際宇宙ステーション)に物資を補給する無人宇宙船の打ち上げが28日、アメリカで行われたが、失敗に終わった。
ISSに補給する食料や実験機材を載せた無人宇宙船は、フロリダの空軍基地から打ち上げられたが、およそ2分後に炎に包まれ、爆発した。
事故のくわしい原因はわかっていない。
ISSには、7月から、油井 亀美也宇宙飛行士が滞在予定。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150629-00000048-fnn-int

iss3
国際宇宙ステーションへの補給フライト SpX-7

飛行概要

SpX-7フライトは、SpaceX社のドラゴン補給船運用7号機を打ち上げて、国際宇宙ステーション(ISS)の「ハーモニー」(第2結合部)下方に結合させ、ISSに補給物資を運搬するミッションです。ドラゴン補給船としては9度目のフライト、ISSへ向かうフライトとしては8度目になります。

SpX-7フライトでは、1,867kgの物資がISSに運搬される予定です。SpX-7フライトで運ばれる物資には、以下に示すJAXA関連の実験試料が含まれます。

落下実験から生まれた新しい微粒化概念の詳細検証(Atomization)
無重力ストレスの化学的シグナルへの変換機構の解明(Cell Mechanosensing)
植物細胞の重力受容の形成とその分子機構の研究(Plant Gravity Sensing)
写真:より大きな写真へ
ドラゴン補給船運用7号機で運ばれるIDA(出典:JAXA/NASA/Cory Huston)

NASAの搭載品としては、将来、民間の有人宇宙船がドッキングすることになる国際ドッキングアダプター(International Docking Adapters: IDA)1基が曝露部のトランクに搭載されて運ばれます。

また、帰還時には、以下のJAXA関連の実験試料を含む、620kgの物資がISSから回収される予定です。
http://iss.jaxa.jp/iss/flight/dragon_spx7/

米無人ロケット爆発 宇宙ステーション運用に影響か – NHK


読売新聞

米無人ロケット爆発 宇宙ステーション運用に影響か
NHK
国際宇宙ステーションに物資を届けようと、アメリカのベンチャー企業、スペースX社が打ち上げた無人のロケットが飛行中に爆発し、去年10月以降、3機の異なるロケットの打ち上げが失敗していることから、宇宙ステーションの今後の運用に影響が出るのではないかと懸念され …
ISSへの米無人補給船、打ち上げ2分後に爆発 2015年06月29日 01時04分読売新聞
油井さん飛行に影響なし 米宇宙船失敗でNASA日本経済新聞
米民間宇宙船:打ち上げ失敗 千葉工大のカメラ搭載毎日新聞
ハフィントンポスト東京新聞
all 42 news articles »

NASA、国際宇宙ステーションの主電源電池の全量をGSユアサ製に切り替え – 日刊工業新聞


日刊工業新聞

NASA、国際宇宙ステーションの主電源電池の全量をGSユアサ製に切り替え
日刊工業新聞
宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、米航空宇宙局(NASA)は国際宇宙ステーション(ISS)の主電源について、現在の海外製ニッケル水素電池から日本製リチウムイオン電池へ全面的に切り替える。ISSを主導するNASAがGSユアサに発注し、2016年から日本の物資 …

and more »

kibou
ISSとは

国際宇宙ステーション(ISS)は、地上から約400km上空に建設された巨大な有人実験施設です。1周約90分というスピードで地球の周りを回りながら、実験・研究、地球や天体の観測などを行っています。完成後は、10年間以上使用する予定です。

ISSの主な目的は、宇宙だけの特殊な環境を利用したさまざまな実験や研究を長期間行える場所を確保し、そこで得られた成果を活かして科学・技術をより一層進歩させること、そして、地上の生活や産業に役立てていくことにあります。

ISSには、2000年11月2日から宇宙飛行士が滞在を開始し、現在は約6ヶ月ごとに交代しています。ISSに長期滞在しているクルーは、宇宙環境での科学実験やISSの保守作業などを行っています。

世界各国が参加する人類初の一大プロジェクト

人類にとって国境のない場所のひとつ ― それが、ISSです。米国、日本、カナダ、欧州各国(イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン)、ロシアの計15ヶ国が協力して計画を進め、利用していきます。

ひとつのものを作り上げるために、これほど多くの国々が最新の技術を結集するというプロジェクトは、これまでにまったくなかったこと。ISSは、世界の宇宙開発を大きく前進させるための重要な施設であると同時に、国際協力と平和のシンボルでもあるのです。

iss
iss1
http://iss.jaxa.jp/iss/




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク