FDAは、アセトアミノフェンを含んでいる薬に関する警告を出します


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

食品医薬品局は、保健専門家が可能な肝臓障害の危険を引用して、タブレット、カプセルあるいは他の投薬ユニットについて325ミリグラムを超える重さのアセトアミノフェンを含んでいる配合剤を処方することをやめるように勧めている。
機関は声明で言った‥‥火曜‥‥投薬ユニットについてアセトアミノフェンの量の制限‥‥不注意なアセトアミノフェン過剰服用からの激しい肝臓障害の危険を減らすだろう、肝不全、肝臓移植および死に結びつくことができる。
「投薬ユニットについて325mg以上のアセトアミノフェンをとることが肝臓傷のための追加危険を上回る補足利点を備えていることを示す利用可能なデータはない」(ステートメント読み取り)。
急性損傷からの痛、手術後の痛あるいは歯の手続きに続く歯痛のような痛を扱うために、タイレノールとパナドールのようなコンビネーション・アセトアミノフェン薬は、消費者に一般に処方される。
2011年1月に、FDAは、2014年1月14日までに、各タブレットあるいはカプセルの中でアセトアミノフェンの量を高々325mgに制限するためにアセトアミノフェンを含んでいる規定配合剤のメーカーに尋ねた。
処方薬メーカーの半分以上はリクエストに応じたが、投薬ユニットについて325mg以上のアセトアミノフェンを含んでいるいくつかの配合剤製品は、作用によれば市場に出て残る。
先の8月、FDAは、アセトアミノフェンを含んでいるタイレノールおよび他の鎮痛剤がスティーヴンズ=ジョンソン症候群として知られている潜在的に致命的な発疹を引き起こす場合があると発表した。
その機関は、発疹に関する警告をパッケージング挿入物に加えることを規定アセトアミノフェンを売る会社に要求し始めた。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク