水・食料不足 避難生活が長期化で悲鳴


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

避難(ひなん)生活(せいかつ)が長期化(ちょうきか)し、住民(じゅうみん)からは深刻(しんこく)な水(みず)や食料(しょくりょう)不足(ぶそく)を訴える(うったえる)声(こえ)が多く(おおく)なっています。熊本県(くまもとけん)益城町(ましきまち)の避難所(ひなんじょ)から報告(ほうこく)です。

(鎌田(かまた)侑樹(ゆき)記者(きしゃ)報告(ほうこく))
益城町(ましきまち)の総合(そうごう)体育館(たいいくかん)では21日(にち)の大雨(おおあめ)から一夜(や)明けて(あけて)、22日(にち)は朝(あさ)から周り(まわり)を歩い(あるい)たり車中泊(しゃちゅうはく)をしている人たち(ひとたち)が車(くるま)の窓(まど)やドアを開け(あけ)て換気(かんき)をする姿(すがた)などが見(み)られました。日中(にっちゅう)、避難所(ひなんじょ)の中(なか)に残って(のこって)いる住民(じゅうみん)も雨(あめ)で外出(がいしゅつ)がしづらかった21日(にち)と比べる(くらべる)と若干(じゃっかん)少なく(すくなく)なっています。避難(ひなん)生活(せいかつ)も9日目(にちめ)に入り(はいり)ましたが、依然(いぜん)、食料(しょくりょう)や水(みず)も自衛隊(じえいたい)などの炊き出し(たきだし)に頼る(たよる)部分(ぶぶん)が大きく(おおきく)なっています。水道(すいどう)が復旧(ふっきゅう)していないため洗濯(せんたく)もままならず、水道(すいどう)が使える(つかえる)別(べつ)の市町村(しちょうそん)まで車(くるま)で移動(いどう)してコインランドリーを利用(りよう)する住民(じゅうみん)もいます。
 避難(ひなん)している女性(じょせい):「(Q.洗濯(せんたく)は水道水(すいどうすい)がないからできない?)そうですね。嫁(よめ)や息子(むすこ)がいるので、先(さき)の方(ほう)で洗っ(あらっ)てきてくれます。ありがたいもんです」
 被災(ひさい)した住宅(じゅうたく)の復旧(ふっきゅう)のめどは全く(まったく)立っ(たっ)ておらず、着替え(きがえ)などを取り(とり)に戻れ(もどれ)ずに着替え(きがえ)が不足(ふそく)している住民(じゅうみん)もいます。避難所(ひなんじょ)は高齢者(こうれいしゃ)の割合(わりあい)も高く(たかく)、入れ歯(いれば)のケアをする用品(ようひん)であったり、補聴器(ほちょうき)の電池(でんち)を求める(もとめる)声(こえ)なども出始め(ではじめ)ていて、ニーズも細分化(さいぶんか)されています。避難所(ひなんじょ)では日一日(ひいちにち)と避難(ひなん)生活(せいかつ)へのストレスが強まっ(つよまっ)てきています。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク