102歳男性の自殺は原発事故が原因として遺族が東電を提訴


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

aa

aa1

aa2

aa3

福島・飯舘村に住んでいた当時102歳の男性が自殺したのは、福島第1原発事故が原因­だとして、遺族が東京電力に損害賠償を求めた。
29日、福島地方裁判所に訴えを起こしたのは、自殺した大久保 文雄さん(当時102)の娘の美江子さんなど、遺族3人。
遺族によると、当時102歳だった文雄さんは、原発事故で、飯舘村が計画的避難区域に­指定されることを知った翌日の2011年4月12日、自宅で首をつって自殺したという­。
訴えでは、住み慣れた飯舘村を離れる苦痛などから、文雄さんは命を絶ったもので、自殺­と原発事故には因果関係があるとして、東京電力に対し、およそ6,000万円の損害賠­償を求めている。
大久保 美江子さんは「おじいちゃんが亡くなった、大切なものを奪われたというものに対して、­自分がおじいちゃんと一緒に前を向いて歩きたいなという気持ちがあって、提訴に踏み切­りました」と話した。
東京電力は「請求内容などをくわしくうかがい、真摯(しんし)に対応します」とコメン­トしている。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク