100万回生きたねこ 深田恭子の顔が激変 「顔が違いすぎる」


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

o
『100万回生きたねこ』(ひゃくまんかいいきたねこ)は、1977年に出版された佐野洋子作の絵本。

一匹の猫が輪廻転生を繰り返していく様を描いた作品。子供より大人からの支持を得ているとの評価も見られ、「絵本の名作」と呼ばれることも少なくない。読み手により様々な解釈が考えられるが、それまで心を開かずに虚栄心のみで生きていた猫が、恋をして家族を持ち、大切な人を亡くすことで、はじめて愛を知り悲しみを知る…という、シンプルだが深いストーリーが印象的な作品である。
本書の帯[1]によれば、2013年9月現在で通算200万部以上を発行している。通常の絵本に加え、作者のサインとぬいぐるみがセットされた特別版Special Boxも販売されている。
「昔は『100万回死んだねこ』だったが、教育上の理由でタイトルが変更された」という都市伝説が流布しているが、そのような事実はない。

あらすじ

主人公の猫は、ある時は一国の王の猫となり、ある時は船乗りの猫となり、その他、サーカスの手品つかいの猫、どろぼうの猫、ひとりぼっちのお婆さんの猫、小さな女の子の猫…と100万回生まれかわっては、様々な飼い主のもとで死んでゆく。その時、100万人の飼い主は猫の死にひどく悲しんでいたが、当の猫はまったく悲しまなかった。主人公の猫は、飼い主のことが大嫌いだったのだ。
ある時、主人公の猫は誰の猫でもない野良猫となっていた。「自分だけの事が好き」な主人公の猫は、100万回生きたことを自慢し、周囲のメス猫たちも何とか友達や恋人になろうと、プレゼントを持ってきたりして周囲に寄ってくる。
しかし、唯一 自分に関心を示さなかった一匹の白猫の興味をなんとか引こうとするうちに、いつのまにか主人公の猫は、白猫と一緒にいたいと思うようになる。そして、白猫にプロポーズをするのであった。白猫は主人公の猫の思いを受け入れた。
そして時がたつと、白猫はたくさん子供を産み、年老いてゆき、やがて猫の隣で動かなくなった。そこで猫は初めて悲しんだ。朝になっても昼になっても夜になっても、100万回泣き続けた。
そして猫も、とうとう白猫の隣で動かなくなり、それ以後生き返ることはなかった。
wikipedia

ミュージカル『100万回生きたねこ』2015CM

t13
女優の深田恭子(32)が初挑戦するミュージカル『100万回生きたねこ』が、8月15日から東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウスで上演される。同名の人気絵本を原作にした舞台で、深田がどのようにミュージカルを演じるか期待されているが、それとは別の意味でも一部で注目を集めている。

 同舞台の告知ポスターや宣材写真の深田に対して、ネット上で「顔が違いすぎる」「別人のよう」などと騒がれているのだ。

 これは今回のミュージカルだけでなく、発売中の女性ファッション誌「美人百花」(角川春樹事務所)やライフスタイルマガジン『ChouChouALiis(シュシュアリス)』(KADOKAWA)の表紙でも指摘されている。いずれも以前に比べて顔やアゴの輪郭がシャープになり、鼻筋も通っているように見えているというのだ。

 この深田の変化に関して、ネット上では以下のような声が飛び交っている。
深田恭子の顔が激変しネット上でファン騒然 「顔が違いすぎる」 – livedoor


livedoor

深田恭子の顔が激変しネット上でファン騒然 「顔が違いすぎる」
livedoor
女優の深田恭子(32)が初挑戦するミュージカル『100万回生きたねこ』が、8月15日から東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウスで上演される。同名の人気絵本を原作にした舞台で、深田がどのようにミュージカルを演じるか期待されているが、それとは別の意味でも一部で注目を …

and more »

ミュージカル「100万回生きたねこ」製作発表 劇中曲「私のねこ」

深田恭子主演ミュージカル『100万回生きたねこ』製作発表・歌唱披露

fu4
fuk

oo
深田恭子〈乳・ぽろり〉【俺のベストシリーズ】

深田恭子の下着姿がセクシーすぎる件

『神様、もう少しだけ』(かみさまもうすこしだけ)は、1998年7月7日から9月22日まで毎週火曜日21:00 – 21:54に、フジテレビ系の「火曜9時」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は金城武と深田恭子。

初回の視聴率は18.2%であったが、ドラマ界では珍しく、2話以降徐々に視聴率を上げ始め平均視聴率22.6%、最終回視聴率28.3%を記録する大ヒットとなった。
HIV感染をテーマとした作品であり、ドラマの最後にはHIVに対して正しい理解を求めるテロップが表示がされた。
金城武と深田恭子の両者を一気にブレイクさせるきっかけとなった作品でもある。また、仲間由紀恵の名が知れ渡った出世作でもある。

あらすじ

援助交際が元でHIVに感染した女子高生・真生(深田恭子)と人気音楽プロデューサー・啓吾(金城武)の恋の物語。
人気音楽プロデューサーの石川啓吾は、昔の恋人の死後、かつてのように曲が書けず自堕落な生活を繰り返し、レコード会社には契約を切られそうになっていた。
一方、どこにでもいそうな普通の女子高生である叶野真生は、代わり映えのしない毎日にうんざりしていた。
そんな真生が夢中になれることといえば、石川啓吾の作った楽曲だけ。年内最後となる啓吾の日本公演を唯一楽しみにしていたが、チケットを入れていた財布の紛失により、援助交際でチケット代を手にしようとする。ウリに抵抗がある真生は性行為なしの約束で、一人の男と会う事になった。ところが男にホテルへと誘われ、話が違うと帰ろうとした時に、日常から抜け出したかったという男の言葉に同調し、性行為を了承してしまう。
後日、コンサートへ行ったその帰り道。啓吾の乗る車に遭遇した真生は雨の中を追いかけ、二人は出逢った。
それから数か月。好きな相手と一晩を過ごしたことで、うんざりしてた日々から抜け出した真生の姿があったが、ある日、交通事故で軽傷を負ってしまい、念のために検査をすることとなった。 久しぶりに日本へ帰国した啓吾は、真生に連絡を取り二人は再び会う約束をする。
当日。待ち合わせの前に病院へ向かった真生は、検査の結果で、自分がHIVに感染していることを告げられるのだった。

私ね、逆立ちって好きなんです




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク