黄砂 九州各地で観測 西日本ではきょう13日にかけて影響続く見込み


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

黄砂

気象庁によると、九州地方ではきのう12日午後から広い範囲で黄砂が観測されています。西日本では、黄砂がきょう13日も予想されており、所によっては見通しが5km未満となる見込みです。気象台では、屋外での黄砂の付着や見通しの悪さによる交通障害などに注意するよう呼びかけています。

■黄砂が観測された地点(気象台)
[九州(山口県含む)]
・視程4km  福岡、長崎
・視程6km  下関、佐賀、熊本
・視程8km  鹿児島
・視程9km  大分

※黄砂とは、東アジア内陸部の砂漠地帯(ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠など)や黄土高原から強風により大気中に巻き上がった砂の細かい粒子が、上空の風に乗って運ばれアジア大陸の広範囲に降り注ぐ現象。日本列島では、3月から5月にかけての春に観測されることが多く、視程不良による交通障害や、砂の粒子が付着することによる屋外の窓ガラスや洗濯物などへの汚れといった影響がみられる。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6163435

黄砂現象とは

黄砂現象とは、東アジアの砂漠域(ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠など)や黄土地帯から強風により大気中に舞い上がった黄砂粒子が浮遊しつつ降下する現象を指します。日本における黄砂現象は、春に観測されることが多く、時には空が黄褐色に煙ることがあります。
黄砂現象発生の有無や黄砂の飛来量は、発生域の強風の程度に加えて、地表面の状態(植生、積雪の有無、土壌水分量、地表面の土壌粒径など)や上空の風の状態によって大きく左右されます。黄砂粒子はいったん大気中に舞い上がると、比較的大きな粒子(粒径が10マイクロメートル以上(1マイクロメートルは1ミリメートルの千分の一の長さ))は重力によって速やかに落下しますが、小さな粒子(粒径が数マイクロメートル以下)は上空の風によって遠くまで運ばれます。例えば、東アジアが起源の黄砂粒子が太平洋を横断し、北米やグリーンランドへ輸送されたことも報告されています。

http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/kosahp/4-4kosa.html

福岡市に黄砂広がる 6月観測は32年ぶり – 西日本新聞

福岡市に黄砂広がる 6月観測は32年ぶり
西日本新聞
福岡市で12日、黄砂が観測され、繁華街・天神では立ち並ぶビル群がぼんやりとかすんで見えた。黄砂は通常、春に飛来することが多く、福岡管区気象台によると、福岡市で6月に観測されたのは1983年以来32年ぶり。熊本、鹿児島両市などでも12日夕から夜に黄砂を …

and more »

博多湾屈指の展望ポイント ”毘沙門山頂” 空撮
PMと黄砂で視界開けず・・・


【中国】本場の黄砂の威力!

大滝詠一 ♪ さらばシベリア鉄道+工藤静香 ♪ 黄砂に吹かれて(メドレー)




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク