食べるな!危険 中国の危険な食品たち 


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

buta

遺伝子操作でブタの赤身肉が倍増、中韓研究チームが中国での販売に意欲―香港メディア

中国と韓国の研究チームが遺伝子を操作する技術、ゲノム編集によってブタの赤身肉の量を倍増させることに成功した、と国際科学誌ネイチャー(電子版)で紹介された。2日付で香港メディア・東網が伝えた。

ソウル大学の分子生物学者、KimJin-Soo教授率いる研究チームが、ブタの1つの遺伝子を操作するだけで肉の量を倍増させることに成功した。研究チームはブタの胚細胞から着手することを選択。DNAを切断する人工酵素TALENを用いて遺伝子をゲノム編集し、肉の成長を抑える遺伝子MSTNをすべて取り除いた。中国・延辺大学のクローン専門家、尹熙俊教授がこの細胞の核を別のブタの卵細胞に移植し、32頭のクローンブタを誕生させた。だが、8カ月以上生きていたのは13頭のみで、いまだに生きているのは2頭、健康状態であるのは1頭だけだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/10305225/

中韓の研究チームが遺伝子操作でブタの赤身肉を倍増させる事に成功 – livedoor

中韓の研究チームが遺伝子操作でブタの赤身肉倍増させる事に成功
livedoor
ソウル大学の分子生物学者、KimJin-Soo教授率いる研究チームが、ブタの1つの遺伝子操作するだけで肉の量を倍増させることに成功した。研究チームはブタの胚細胞から着手することを選択。DNAを切断する人工酵素TALENを用いて遺伝子をゲノム編集し、肉の成長を …

and more »

oil

地溝油 下水油

地溝油(ちこうゆ)とは、中国で社会問題化している再生食用油のこと。工場などの排水溝や下水溝に溜まったクリーム状(あるいはスカム状)の油を濾過し、精製した安物の食用油脂。 日本では下水油(げすいあぶら)と紹介されることも多い。 ドブ油(どぶゆ)などとも言われる。
台湾でも類似の粗悪油が食用に製造・流通していた事が発覚した。

製造方法

マンホールの蓋を開け、下水道内の黒く濁り、赤みを帯びたのり状の物体を掻き出す役割の者がおり、毎日一人当たり桶4杯くらいを収集する。それを一昼夜かけて濾過した後、加熱、沈殿、分離など複数の工程を経て、再生食用油に仕上げる。悪臭を放っていた物質は、これでほとんど無臭になるという。ただし新品の食用油に比較すれば、その色はどす黒く一目で判別できる。武漢工業学院教授の何東平[1]によると、1トンの地溝油にかかる費用は300元前後で、販売価格は通常のサラダ油の半額程度という。これらは、メーカー、生産者、生産日の3つがないため、中国では「三無商品(さんむしょうひん)」と呼ばれ、多くの需要がある。

毒性

中国青年報」が伝える医学的研究によれば、地溝油に含まれる最も危険な成分は発がん性物質のアフラトキシンであり、その毒性はヒ素の100倍にも及ぶ。劇毒の農薬である「666」と「DDT」も基準値以上が検出されている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E6%BA%9D%E6%B2%B9

豚の「青耳病」


中国=豚の青耳病蔓延 死んでももちろん立派な商品

豚のSARSとも呼ばれる「青耳病」。豚繁殖・呼吸障害症候群ウイルス感染によるブタの感染症である。青耳病にかかった豚は普通なら取引されないが、中国では病死した豚肉がヤミ業者によって市場に流されているという。病死した豚を買い取るヤミ業者は、1頭50元~100元(約650円~1300円)の値段で各家庭から病死豚を買い取ったあと、健康豚と同じ1頭1000元(約1万3千円)以上の値を付けて市場に転売しているそうだ。

【中国産】猛毒食品のほんの一部

・「冷凍ギョーザ」に有機リン系の殺虫剤のメタミドホスとジクロルボス
・「小豆」からジクロルボス。摂取すれば、下痢、吐き気をもよおし、最悪の場合、死に至る
・「ナッツ類(くるみ)」などに含まれていた「アフラトキシン」。ダイオキシンをしのぐほど発がん性が非常に高いカビ毒で、微量を摂取しただけで、肝臓がんを発症する恐れ
・「セロリ」などから出たクロルピリホスは微量でも中毒症状が出て、大量に摂取すると呼吸困難を起こして死ぬケースも
・「サヤエンドウ」からは、殺虫剤のシペルメトリンが検出
・「いんげん」からジクロルボスが6,900ppm検出。多量に摂取すると、吐き気、下痢、嘔吐、縮瞳、視野狭窄、意識低下などの神経系症状が現れる可能性があり、大量摂取の場合は死に至ることも
・「ウーロン茶」で検出された殺虫剤フィプロニルは下痢や嘔吐などの健康被害
・「冷凍焼きアナゴ」からは大腸菌群が検出
・「きくらげ」や「しいたけ」などの複数の乾燥食品に使用している漂白剤(二酸化硫黄)は、過剰摂取すれば気管支障害やアレルギー反応などを引き起こす
・「活はまぐり」や「あさり」からは除草剤プロメトリン
・「冷凍あさり(むき身)」からは「下痢性貝毒」
・「焼き鳥・つくね串」などから「大腸菌」
・「中国茶」からDDTが検出
・「偽粉ミルク」による幼児が死亡する事件が発生
・「漬物」から残留農薬が検出
・理髪店から回収された人毛からアミノ酸を抽出加工して作られた「人毛醤油」が日本など外国へ輸出されていると中国中央電視台が放映
・「アヒルの卵」と「オレンジ」に禁止されている着色料スーダンレッドが使用されていることが判明
・メラミンで汚染された「粉ミルク」が発覚
・下水道の汚水を再生食用油の「地溝油(ちこうゆ)」という油を食用油(ラード)として中国全土の多数の飲食店で使われていた。中国全土の屋台の多くが、汚水油を使っているとも言われる。
http://matome.naver.jp/odai/2137217549990313901

中国人も食べたくないという中国産食品

【危険な中国食品】世界がギョッとする!中国食品スキャンダルトップ10




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク