韓国船沈没 事故発生の経緯


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

韓国フェリー沈没事故、発生からこれまでの経緯を動画で解説する。476人が乗船した­韓国の旅客船セウォル号が4月16日朝、韓国南西部の珍島(チンド)沖で転覆し、沈没­。乗客の多くは安山(アンサン)市・壇園(タンウォン)高等学校の2年生だった。4月­16日午前8時55分頃 、同船が遭難信号を済州(­チェジュ)島に発信。午前8時56分、屏風(ピョンプン)­島北方の海上を航行中だった同船の船体が左舷に傾き、そのため、多くの乗客が船内に閉­じ込められて逃げられなくなった。沈み始めた同船から午前8時58分に発信された遭難­信号を、午前9時5分に海洋警察が受信。午前9時28分、海難救助船や警備艇などが続­々と現場に駆け付けた。午前9時30分、ようやく緊急避難指示が出たものの、船体はす­でに左に60度傾いた状態。午前9時45分になり、ヘリコプターによる最初の救助活動­が行われ、その後も動員されたヘリコプターが次々と現場に到着。午前10時から10時­23分までの間、救助隊が横倒しになった船の傍で、救助活動を展開した。午前10時2­2分頃、船は完全に転覆。午前11時に、最初の犠牲者の遺体が発見された。午後2時ご­ろ、浸水のため船首以外の船体が水没。4月18日には、船首部分も完全に水没した。4­月22日午後3時現在、生存者は174人。196人の安否が依然不明のままで、韓国当­局は、外国人3人を含む106人の死亡を確認したと発表している。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク