震災見つめる朗読劇の活動追った映画「ほんとうのうた」上映会


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

po

po1

po2

東日本大震災を見つめる朗読劇の公演活動を追った、ドキュメンタリー映画の上映会が、­岩手・住田町で開かれた。
小説家の古川 日出男さんたちは、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をモチーフに、震災で亡くなった人への­鎮魂と、未来への希望を朗読劇で表現している。
公演活動は、東北をはじめ、全国各地をめぐっていて、ドキュメンタリー映画「ほんとう­のうた」は、その様子を2年間にわたり追い続けたもの。
25日の上映会には、宮澤賢治ファンなどおよそ50人が訪れた。
古川さんは「(宮澤賢治の作品は)震災のような、極限の非常事態の時に勇気を与える。­(このことに気づき)言葉のレールを敷いて朗読劇をしている」と話した。
映画を鑑賞した人たちは、宮澤賢治の郷土愛に触れながら、震災を伝えることの大切さを­感じていた。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク