電話交換手集団自決 北のひめゆり 玉音放送後も続いていた戦争


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

gg2

ggg1

真岡郵便電信局事件

真岡郵便電信局事件(まおかゆうびんでんしんきょくじけん)とは、太平洋戦争末期の樺太の戦いで、真岡郵便局の電話交換手が集団自決した事件である。当時日本領だった樺太では、ソ連軍と日本軍の戦闘が、1945年8月15日の玉音放送後も続いていた。真岡郵便局の電話交換手(当時の郵便局では電信電話も管轄していた)は、疎開(引き揚げ)をせずに業務中だった。8月20日に真岡にソ連軍が上陸すると、勤務中の女性電話交換手12名のうち10名が局内で自決を図り、9名が死亡した。真岡郵便局事件、また北のひめゆり事件とも呼ばれる。
自決した電話交換手以外に残留していた局員や、当日勤務に就いていなかった職員からも、ソ連兵による爆殺、射殺による死者が出ており、真岡局の殉職者は19人にのぼる

事件の経緯

1945年8月9日にソ連が対日参戦し、8月11日から樺太へもソ連軍の侵攻が始まった。8月14日に日本はポツダム宣言受諾を決め、8月15日に玉音放送が流れたが、樺太ではソ連軍が侵攻を止めず戦闘が続いていました。

8月20日

早朝。ソ連軍艦接近の報告が入ると、高石班長は郵便局長・上田豊蔵に緊急連絡したのを始め、局幹部に緊急連絡を行った。緊急連絡を受けた電話主事・菅原寅次郎は電話交換手・志賀晴代に出勤を求め、電話交換手は12名となった。非常事態に際し局員たちは郵便局へと向かったが、上陸したソ連軍の攻撃は激しく、民間人に対しても無差別攻撃が加えられた。電信受付の折笠雅子は郵便局へ向かう途中射殺され、避難先の防空壕に手榴弾を投げ込まれて爆死した局員などもいた。上野班の交換手だった藤本照子も「決死隊の一員として、空襲の時はすぐ郵便局へ行くことになっていたのですが、ソ連兵がどんどん上陸し始め、実弾が飛びかい、とても無理でした」と語っている[9]。上田局長も郵便局へと向かったが、栄町二、三丁目の十字街で避難民が背後から撃たれて山膚を転げ落ちるのを目の当たりにした。十字街には局長の他5、6名が釘付けされていたが、そのうち真岡署木村巡査部長が弾丸の中を駆け出し、局長の目の前で撃たれて倒れた。局長と由田与三吉は、巡査部長を家の陰に引きずり込もうとして路上に飛び出し、局長は左手に貫通銃創、由田は右足に盲管銃創を負った。局長は由田らと図り、若い男性に棒の先に白布を縛り付けさせ、ソ連兵の目に触れるように振らせた。これにより、局長らは助かったものの、直ちに海岸の倉庫に連行された。
緊急連絡からおよそ1時間後、ソ連軍艦が真岡港に現われ、2艘の舟艇が上陸を試みる(ロシア側資料によれば、上陸開始時刻は午前7時33分である)。ソ連艦隊から艦砲射撃も始まった。真岡上陸作戦についてソ連側戦史は「今やソ連軍の任務は、いかに迅速に樺太南部地区を占領して日本軍隊とその物資財貨の本土引揚を阻止するかということにしぼられた」と述べていた[10]。なお、艦砲射撃に至った経緯ははっきりしていないが、ソ連側が先に空砲を撃ったという点では、概ね一致している。実弾をソ連側と日本側のどちらが先に撃ったかについてはわからないとする証言・見解が多い。
この当時、真岡郵便局には平屋建ての本館と、2階建ての別館があった。電話交換業務は別館2階で行われていた。8月20日にソ連軍艦からの艦砲射撃が開始されると、真岡郵便局内も被弾するようになり、電話交換手12名は、別館2階に女性のみが孤立することになった。
高石班長が青酸カリで服毒自決、続いて代務を務める可香谷が自決(注意:自決の経緯については激しい銃砲火の中だったことや生存者が少ないことなどから、証言が錯綜しており、高石班長はむしろ若い交換手をなだめたとするもの[4]や、青酸カリを分け合って年齢の高い順に飲んだとするものがある)。この後、1人また1人と合計7名が青酸カリ或いはモルヒネで自決した。この間、電話交換手は、泊居郵便局、豊原郵便局などに電話連絡している。
この後、伊藤は、既に7名が自決し、自分も続くことを泊居郵便局に連絡。更に、蘭泊郵便局へも同様の連絡をした。この時点では、伊藤のほか境、川島、松橋、岡田の4名が生存していた。伊藤は、続いて、内線電話で電信課へ自決を連絡し、服毒。この時点で、松橋も自決をしていたので、殉職者9名、生存者3名となった。急の知らせを受けた電信課男性職員は、2階電話交換室へ急行し、境、川島の2名を救出し、本館へ移動させた。
一方、本館では、戦闘が始まって郵便局舎も被弾するようになり、被弾を恐れた女性達は、奥の押入れに隠れた。境、川島救出後暫くしてソ連兵が現われると、最初は男性局員のみが応対し、女性はそのまま隠れていたが、安全であると判断すると、救出された2名の電話交換手を含む4名の女性局員も姿を現した。金品の略奪はあった。その後、局員は港の倉庫へ移動した。電話交換手のもう一人の生き残りである岡田は、その後、港の倉庫に移った。
事件から10日以上経ってから遺体は仮埋葬され、12月に火葬・本葬が行われた
真岡郵便電信局事件

映画・小説

1962年(昭和37年)、北海タイムスに「樺太終戦ものかたり」が連載された。この事件を含め、終戦前後の樺太の事情を題材としている。「樺太終戦ものかたり」は1972年に増補改訂の上、「樺太一九四五年夏―樺太終戦記録(金子俊男/著 )」として出版された。
「樺太終戦ものかたり」に掲載された挿話を原作とし、脚色を施した上で映画「樺太1945年夏 氷雪の門」が1974年に製作された。ソ連による日ソ中立条約を破った宣戦布告、8月15日以降も続く侵攻、停戦軍使の射殺、民間人の逃避行、疎開開始後も留まった女子交換手たちとその自決といった主要ストーリーは概ね史実どおりだが、細部は脚色がなされている。映画は、配給会社である東宝の「営業政策の変更」により、上映直前になって配給が中止された。1979年(昭和54年)、この映画のことを朝日新聞北海道版が「映画北の舞台」という特集で取り上げた。その紙面に村山三男監督は「上映問題での障害」が理由だったという手紙を寄せている。当時、タス通信が「ソ連国民とソ連軍を中傷する反ソ映画」と論評する状況下にあり、東宝側の詳しい説明もなかったという経緯を考えれば、関係者の間では「理由」ははっきりしていたという[19]。その後、この作品は各地の公民館などで細々と自主上映され、2006年には靖国神社遊就館にて特別上映された。
1980年に出版された「氷雪の門(松山善三著)」は真岡郵便電信局事件に関連した小説であるが、この事件を直接扱ったものではない。
佐藤大輔の仮想シミュレーション小説「征途」では、この事件をモデルとしたエピソードが描かれている。
2008年8月25日に、『霧の火 樺太・真岡郵便局に散った九人の乙女たち』というタイトルで、日本テレビがこの事件を元にドラマ化し、放送された。一部はフィクションであり、史実とは異なる部分がある。

樺太・真岡に散った乙女達の真実


日本がポツダム宣言を受諾した後も樺太・千島列島に侵攻し続けたソ連軍。各地で日本人­が虐殺されていく中、真岡に殺到する避難民を誘導すべく、真岡郵便電信局に残留した9­人の女性電話交換手達は「皆さん、これが最後です。さようなら、さようなら」の言葉を­残し自らの命を絶った…。その9人の乙女の同僚で、たまたま非番であったために運命を­共にすることのなかった工藤テルさんへの貴重なインタビューを中心に、70年前の「樺­太の悲劇」と人々の思いを振り返っていきます。

真岡郵便局、「九人の乙女」の同僚・工藤テルさんインタビュー


映画「氷雪の門」で知られる、樺太・真岡郵便電信局の電話交換手の女性達の悲劇。ソ連­軍が侵攻してきたその日、非番であったために生き残ることになった工藤テルさんに、同­僚であった「九人の乙女」達のお話をお聞きしたインタビューのさわりを御覧頂きます。

真岡郵便電信局の女性電話交換手9人の最期~1945.8.20


この映画は、昭和48(1973)年に撮影され、翌昭和49(1974)年に上映開始予定となりました。
ところが、同年3月7日、モスクワで、モスフィルムという会社の所長がたったひとこと、
「非常にソビエトにとって面白くない映画が日本で公開されようとしているのは理解に苦しむ」と発言したことで、予定されていた全国での映画配給が、いきなり中止になりました。
上映されたのは、北海道と九州の一部の映画館が、わずか2週間ほど公開しただけです。
映画はお蔵入りになりました。
ggg
真岡郵便局でお亡くなりになった九名の乙女たちです。
 高石ミキ   24歳 
 可香谷シゲ 23歳
 伊藤千枝  22歳
 志賀晴代  22歳
 吉田八重子 21歳
 高城淑子  19歳
 沢田きみ  18歳
 渡辺 照   17歳   
 松崎みどり 17歳  
小名木善行 ねずさんの ひとりごと

雾之火 霧の火~樺太・真岡郵便局に散った九人の乙女たち


『 霧の火 樺太・真岡郵便局に散った九人の乙女たち 』(きりのひ からふと・まおかゆうびんきょくにちった9にんのおとめたち)は、 2008年 8月25日の21:00-23:18に、 日本テレビ 系列(NNS)にて放送された単発スペシャルのテレビドラマである。 視聴率は11.7%。
平成20年度(第63回) 文化庁芸術祭 (テレビ部門・ドラマの部)優秀賞受賞。
ドラマは、晩年を迎えた生存者と、彼女の過去の回想を聞き取り記録する若い派遣社員と­の交流を軸足に描いている。 史実を基にしたフィクションであり、実際の生存者から取材しているものの、主人公は架­空の人物で、性的暴行など創作の部分も多い。
樺太のシーンは稚内市でロケが行われた。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク