闇サイト殺人事件の神田司死刑囚の死刑執行


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

yami

闇サイト殺人事件」の神田司死刑囚の死刑執行 第3次安倍内閣で初

 法務省は25日、平成19年に名古屋市内で起きた「闇サイト殺人事件」の神田司死刑囚(44)=名古屋拘置所=の死刑を執行したと発表した。第3次安倍内閣で初めて。上川陽子法相は就任直後の記者会見で「今の法の仕組み、枠組みを前提として行動するのが第一義。澄んだ心でこの制度に厳正に向き合うつもり」と死刑制度を維持する意思を表明していた。

 これで未執行の確定死刑囚は、静岡地裁が平成26年3月に裁判のやり直しを決定するとともに刑の執行を停止した袴田巌さん(79)を除いて、129人となった。

 上川法相は昨年10月に就任して以来初めての執行となった。谷垣禎一元法相が昨年8月に執行したのが最後。松島みどり前法相は約1カ月半の任期中に一度も執行していなかったため、10カ月ぶりの死刑執行となった。

 確定判決などによると、神田死刑囚は19年8月、携帯電話のサイトで犯罪仲間の募集に応じた2人の男と名古屋市内のレンタルビデオ店の駐車場で落ち合い、若い女性を拉致して強盗することを提案。2人も同意し同日夜、帰宅途中の女性会社員=当時31=を乗用車に押し込んで手錠をかけ、現金約6万円とキャッシュカードを奪った。

 さらに女性の頭部をハンマーでメッタ打ちにして殺害し、遺体を岐阜県瑞浪市の山中に埋めた。

http://www.sankei.com/affairs/news/150625/afr1506250013-n1.html

闇サイト殺人事件とは

闇サイト殺人事件(やみサイトさつじんじけん)とは、2007年(平成19年)8月24日に愛知県名古屋市内で発生した強盗殺人事件。闇サイトが犯行グループ結成に利用されたことが注目された。愛知女性拉致殺害事件ともよばれる。

2007年8月24日午後10時頃、名古屋市千種区の路上を歩いていた31歳の女性を、男3人は道を尋ねる振りをして、強盗目的で拉致した。犯行グループ3人は日常生活で面識はなく、知り合って犯行を行うきっかけとなったのが携帯電話サイト「闇の職業安定所」という犯罪者を募集する闇サイトである。にわかつくりの犯罪実行グループであった。
この闇サイトで無職の40歳男Aが投稿し、朝日新聞の新聞拡張員だった36歳男Bと無職の32歳男Cの2人の男が参加し犯行を決め、女性を殺害して現金を奪うことにし、8月24日に決行。被害者の女性は偶然見かけただけという通り魔的犯行であった

8月24日午後10時頃、名古屋市千種区で帰宅途中の路上を歩く女性を車に連れ込んで、手錠をかけて拉致。約6万円とキャッシュカードを奪う。さらに包丁で被害者を脅して、キャッシュカードの暗証番号を聞き出し、8月25日午前0時頃、愛西市佐屋町の駐車場で被害者を殺害する。被害者の女性は「殺さないで下さい」「話を聞いて」と何度も命ごいをしたが聞き入れられず、容疑者は犯行が露見するのを恐れ、被害者の顔に粘着テープを巻きつけた上にポリ袋をかぶせ、ハンマーで頭を数十回めった打ちにし、遺体を岐阜県瑞浪市の山中に埋めて逃走した。女性の死因は窒息死とみられている。
この男ら3人以外に男1人(第4の男D)も「闇の職業安定所」で知り合って行動を共にしていた。一緒に女性拉致事件の前日に名古屋市内の事務所に窃盗目的で侵入したものの、途中で怖くなり逃げ出し女性拉致事件直前の時間に警察に自首した(Dは裁判で窃盗未遂罪と強盗予備罪で懲役2年・執行猶予3年が確定)。
女性を殺害した翌日の8月25日午後1時になり、容疑者のうちAが愛知県警に犯行をほのめかす電話をし、逮捕に至った。警察に事件に関与したことを話した理由は「死刑になりたくなかったから」とのことだった

なお、当該事件を報道で「犯罪の温床」と大きく取り上げられた闇サイト「闇の職業安定所」は8月27日に閉鎖された。また被害者の女性は趣味のブログを公開しており、そこには被害者に対し哀悼のコメントが殺到した。
被害者の母親がマスコミ宛に「もう少しで自宅につけたのに」「犯人を絶対に許せない」という趣旨の手記を寄せた。のちに母親は容疑者らを極刑にするために陳情書の署名を集めるホームページを設立、2007年10月1日に10万人、2008年12月18日に目標の30万人を超える署名を集めた[10]。海外に住む日本人や外国人の署名もあったという。なお、被害者の母親は容疑者3人全員の極刑を求めている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%97%87%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

被害者母親「事件思い出したくない」 闇サイト殺人の死刑執行 – 日本経済新聞


朝日新聞

被害者母親「事件思い出したくない」 闇サイト殺人の死刑執行
日本経済新聞
名古屋市で2007年に起きた闇サイト殺人事件で神田司死刑囚(44)の刑が執行された25日、帰宅途中に拉致、殺害された会社員の磯谷利恵さん(当時31)の母、富美子さん(63)は「(神田死刑囚について)これで頭の中から消していいんだと思った。もう思い出したくない」と今の …
10か月ぶりに死刑執行 名古屋の闇サイト殺人事件J-CASTニュース
名古屋市の「闇サイト殺人事件」 神田司死刑囚の刑執行 極刑署名30万以上産経ニュース
闇サイト事件の主犯格、神田死刑囚の刑執行日刊スポーツ
朝日新聞Sputnik 日本
all 129 news articles »

神田死刑囚の刑執行=闇サイト殺人事件-政権交代後12人に・法務省 – 時事通信

神田死刑囚の刑執行=闇サイト殺人事件-政権交代後12人に・法務省
時事通信
確定判決によると、神田死刑囚ら3人は携帯電話の闇サイトで知り合い、07年8月24日、千種区の路上で帰宅途中の磯谷さんを拉致し車内に監禁。翌25日未明、現金6万円余を奪うなどした上、顔に粘着テープを巻き付け、頭をハンマーで殴るなどして殺害し、遺体を岐阜県の …

「遺族が望む刑選んだ」 闇サイト殺人事件死刑執行

闇サイト殺人事件 磯谷利恵

闇サイト事件、死刑執行 名古屋で女性会社員殺害


上川陽子法相は25日、東京都内の法務省で、2007年に起きた闇サイト殺人事件で死­刑が確定した神田司 死刑囚(44)の刑を同日午前に執行したと発表した。執行は昨年8月以来で、第3次安­倍政権で初めて。確定判決によると、神田死刑囚は他の2人と携帯電話サイト「闇の職業­安定所」で知り合い、07年8月、名古屋市の路上で会社員磯谷利恵さん=当時(31)­=を車内に拉致し、監禁。現金を奪った上、ロープで首を絞めて殺害し、岐阜県の山林に­遺体を遺棄した。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク