酒気帯び警官逮捕 一時逃走


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

keikan

keikan1

巡査長が酒気帯び事故、パイプ30mなぎ倒す

宮城県警は14日、同県警機動警ら隊巡査長、山本亮容疑者(27)(同県富谷町富ヶ丘)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕した。

 発表によると、山本容疑者は同日午前2時55分頃、仙台市泉区泉ヶ丘の国道4号で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。道路脇のガードパイプを約30メートルにわたってなぎ倒す単独事故を起こし、車を残したまま一度現場を離れたが、約1時間後に戻った際、事故処理中の泉署員に発見された。

 県警の花井稔警務部長は「警察官としてあるまじき行為であり、極めて遺憾」とのコメントを出した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150615-00050017-yom-soci

警官が酒気帯び運転容疑 標識衝突後に一時逃走 – 日刊スポーツ

警官酒気帯び運転容疑 標識衝突後に一時逃走
日刊スポーツ
宮城県警は14日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県富谷町富ケ丘、同県警機動警ら隊の山本亮巡査長(27)を逮捕した。飲酒の発覚を恐れ一度逃走しており、事故不申告の疑いでも捜査している。 逮捕容疑は、14日午前2時55分ごろ、仙台市泉区の国道4号で、 …
巡査長を酒気帯び運転容疑で逮捕 一時逃走河北新報

all 28 news articles »

宮城県警巡査長、酒気帯び運転で事故 発覚おそれ、一度逃走

宮城県警の警察官が14日未明、酒を飲んで乗用車を運転し、交通事故を起こしたとして­、酒気帯び運転の疑いで逮捕された。この警察官は、発覚をおそれ、一度逃走していた。
車は、ガードパイプをなぎ倒しながら進み、およそ30メートル先の場所で止まったとい­う。
逮捕されたのは、県警機動警ら隊巡査長・山本 亮容疑者(27)。
警察によると、山本容疑者は14日午前3時ごろ、泉区泉ケ丘3丁目の国道4号線で、酒­を飲んで乗用車を運転し、道路左脇の標識などに衝突する事故を起こした、酒気帯び運転­の疑いが持たれている。
この事故で、けがをした人はいなかった。
警察によると、山本容疑者は、事故のあと、車を現場に残したまま、歩いて富谷町の自宅­に帰宅していたという。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク