郡山市で下水道にセンサー設置 水害の兆候つかむ実験始まる


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

sd

sd1

sd2

sd3

福島・郡山市では、集中豪雨で中心市街地が冠水するなど、たびたび、水害が発生してき­た。こうした被害を防ぐため、下水道にセンサーを設置し、水害の兆候をつかむ実験が始­まった。
センサーが設置されたのは、郡山市の中心部で大雨が降ったとき、雨水を阿武隈川へと流­す下水管。
下水管の中のセンサーが、水圧の変化を計測し、そのデータを送信する。
このシステムで、下水管の中の水量を監視することができる。
23日から、8カ月にわたって実験が行われるが、きっかけは、水害の苦い経験。
郡山市では、2011年9月、台風15号による大雨で、1,564棟が浸水し、6万6­,000人余りの市民に避難指示が出された。
道路にたまった雨水が、排水できなかったことが、水害を拡大させた。
その後、郡山市では、防災減災対策におよそ15億円を投入し、下水管の整備などを進め­ている。
今回の事業では、下水に流れ込む雨水の上昇を早く察知し、水門の開閉やポンプの作動を­スムーズに行う狙いがある。
郡山市の品川市長は、「浸水被害がございましてね、その水源の1つが下水道でございま­すので。予防措置を含めて対策ができるように、正確な対策ができるようになっていくと­、その第1歩を踏み出すことができたと」と述べた。
郡山市は、2016年3月まで、実験の効果を検証して、システムの本格的な導入を検討­したいとしている。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク