遊覧目的だった? 小型機墜落、飛行前に機体変更


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

ki3

通信記録は“異常なし” 調布・小型機墜落

東京・調布市で小型機が墜落して3人が死亡した事故で、機体からトラブルを知らせるような連絡がなかったとみられることが分かりました。

 国の運輸安全委員会が機体と運航支援センターの交信記録を調べたところ、特に異常はなく、通常のやり取りだったということです。墜落までに機体からトラブルを知らせるような連絡はなかったとみられます。一方、離陸直後の映像には、高度が上がらずにほぼ水平に飛んでいる機体が映っていて、運輸安全委員会は高度が上がらなかったことが墜落につながったとみています。また、警視庁によりますと、事故で死亡したとみられる川村泰史機長(36)と搭乗者の早川充さん(36)、巻き込まれた住民の鈴木希望さん(34)の死因が焼死だったことが分かりました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000055581.html

ki

東京・調布市の住宅街に小型機が墜落・炎上し、3人が死亡した事故で、機長が当初、予定していた機体を変更してフライトしていたことが分かりました。

 (社会部・石塚翔記者報告)
 事故現場では、27日に続き28日午前9時半ごろから現場検証が行われています。警視庁によりますと、小型機のエンジンが形をとどめた状態で見つかっていて、このエンジンを回収し、詳しく調べるということです。小型機の管理会社によりますと、けがをして入院している51歳の男性は川村泰史機長(36)と知り合いで、この男性が知人3人を呼んで5人で搭乗したということです。フライトには当初、別の機体を使うことが予定されていましたが、川村機長は飛行前に、より大きい今回の機体に変更していました。川村機長は、飛行の目的を操縦の技術を鈍らせないために行う「慣熟飛行」と申請していました。51歳の男性は、これまでにも川村機長の慣熟飛行に数回、同乗していたということです。この男性を含め、機長以外の4人がなぜ今回のフライトに乗っていたかは分かっていませんが、今回のフライトが遊覧飛行だった可能性も考えられます。警視庁は、残された機体などから墜落の原因を調べるとともに、フライトの経緯や目的についても入院中の同乗者の関係者などから事情を聴く方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000055605.html

川村機長、別の機体で飛ぶ予定だった 7/28 12:18更新 – 読売テレビ NEWS&WEATHER

川村機長、別の機体で飛ぶ予定だった 7/28 12:18更新
読売テレビ NEWS&WEATHER
小型機が26日昼前に住宅に墜落してから丸2日がたち、28日も午前9時頃から警視庁や国の運輸安全委員会などによる現場検証が行われている。この事故では、機長・川村泰史さんや住宅にいて巻き添えになった鈴木希望さんとみられる女性ら3人が死亡し、5人がけがをした …

ki1

墜落した小型機、総重量は上限ギリギリだったか?

東京・調布市の住宅街に小型機が墜落・炎上し、3人が死亡した事故で、小型機の総重量が離陸できる上限のギリギリだったことが分かりました。国土交通省は、機体の重さなどから高度が十分に上がらなかった可能性があるとみて調べています。

 国土交通省によりますと、墜落機の重さは1200kgで、離陸が可能な最大重量は1950kgです。機体には、調布から大島間を飛ぶのに必要な5倍の燃料が積まれていて、これに成人男性5人が乗っていました。結果として、総重量は1850kg以上になっていたとみられ、重量の上限に迫っていました。国土交通省は、機体の重さに風や気温などの気象状況が重なったことで、機体が高度を十分に上げられなかった可能性があるとみています。フライト前には、機長が搭乗者の体重や荷物の重さなどを計算して燃料の量を決めるのが一般的で、こうした事前の準備が適切に行われていたのかも調べる方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000055606.html

事故を起こした飛行機の登録番号は「JA4060」。福生市の不動産会社「ベルハンドクラブ」が所有する単発のプロペラ機だった。機種の正式名は、パイパー・PA-46-350P。パイパー マリブ・ミラージュの通称で知られている。

概要
1982年末、パイパー社は翌年末に与圧式キャビンを持つ世界初のピストンエンジン単発機となる新型機を発売することを発表した。PA-46-310P マリブー(Malibu)と名付けられたこの機体は、片持ち式の低翼単葉機で、ターボチャージャー付きエンジンを搭載し、与圧式の機内にはパイロット1名と乗客5名が搭乗できた。マリブーの試作機は1979年11月30日に初飛行しており、1983年9月に形式証明を取得、予告通り同年12月から引き渡しを開始した。
マリブーはその後も改良が行われ、エンジンを強化したマリブー・ミラージュ(Malibu Mirage)、ターボプロップエンジンに換装したマリブー・メリディアン(Malibu Meridian)、そしてマリブー・ミラージュを非与圧式キャビンとしたマトリックス(Matrix)へと発展し、それぞれ現在も生産が続いている。

要目(PA-46-350P)[編集]
全長:8.81 m
全幅:13.11 m
全高:3.44 m
翼面積:16.26 m2
全備空虚重量:1,416 kg
最大離陸重量:1,968 kg
エンジン:テキストロン・ライカミング TIO-540-AE2A 水平6気筒ピストンエンジン(350hp) × 1
最大水平速度:407 km/h
証明認定高度:7,620 m
航続距離:1,953 km(最大燃料時)
乗客:最大5名
乗員:1名
wikipedia

調布墜落機と同型機 離陸時の音を比較 Piper PA 46 350P


調布墜落機と同型機 離陸時の音を比較 Piper PA 46 350P エンジン音、プロペラの回転音に相違が有る事を、お気付き頂けるかと思います。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク