踏切事故 盗難車と接触、立ち去り 愛知・一宮


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

tounann

電車と盗難車衝突 車残し運転手立ち去る

12日夜遅く、愛知県一宮市の名鉄名古屋本線で、踏切内に入ってきた乗用車と電車が衝突し、乗用車の運転手が車を残したまま、現場から立ち去りました。
車は盗難車だったということで、警察が運転手の行方を捜査しています。
12日午後11時すぎ、愛知県一宮市木曽川町の名鉄名古屋本線の踏切で、遮断機を突き破って踏切内に入ってきた乗用車と下りの快速特急が衝突しました。
電車には乗客と乗員およそ150人が乗っていましたが、いずれもけがはありませんでした。
警察によりますと、車には男が1人で乗っていてけがをしたとみられていますが、救急車が到着する前に現場から立ち去り、行方が分からなくなっているということです。
警察が調べたところ、車は偽造されたナンバープレートを付けた盗難車だと分かり、警察は運転手の行方を捜査するとともに、事故の詳しい状況を調べています。
近くに住む男性は「ドカーンと、家が揺れるほど大きな音がした。車のドライバーが血を流してぐったりしていたが、気がついたらいなくなっていた」と話していました。
現場は新木曽川駅のすぐ近くの踏切で、名鉄名古屋本線は周辺で一時、運転を見合わせました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150613/k10010113191000.html

社会電車と盗難車衝突 車残し運転手立ち去る – NHK

社会電車と盗難車衝突 車残し運転手立ち去る
NHK
社会電車と盗難車衝突 車残し運転手立ち去る 12日夜遅く、愛知県一宮市の名鉄名古屋本線で、踏切内に入ってきた乗用車と電車が衝突し、乗用車の運転手が車を残したまま、現場から立ち去りました。 車は盗難車だったということで、警察が運転手の行方を捜査しています。

盗難車ワースト1位が ハイエース から プリウス に…日本損害保険協会

日本損害保険協会は、自動車盗難事故実態調査結果を発表した。調査は損害保険会社が2014年11月に保険金を支払った自動車盗難372件、車上ねらい・部品盗難626件を対象に実態調査したもの。調査は2000年から実施しており、今回が16回目。

自動車盗難では、車種別で2007年調査から7年連続でワースト1位だったトヨタ『ハイエース』の被害が148件から40件に大幅減少し、2位となった。ハイエースは、2012年5月発売モデルから盗難防止装置であるイモビライザが全車標準装備されたことが大幅減少の背景にあると見られる。

代わってワースト1位となったのはプリウスで、被害件数は前年同数だったものの、ハイエースの被害が減少したため。3位は前回調査と同じ『ランドクルーザー』。『アクア』の被害は前回調査の6件から23件に増加しワースト4位となった。

車齢別では、平均で7年6カ月で、前年比で3か月短くなった。これは初度登録から5年未満の車両盗難の割合が前年比12.9ポイント増加したため。

同協会では「アクアが4位にランクインしていることから、防盗性能が高められている最新車種でも被害に遭っており、市場流通量の多い人気車種は窃盗犯に狙われるリスクも高い。バー式ハンドルロックやセンサー式警報装置、GPS追跡装置など、複数の盗難防止装置を活用し自己防衛を行う必要がある」としている。

車上ねらい・部品盗難では、カーナビの被害割合が前年の26.4%から10.9%に大きく減少した。その一方で、バッグ類、外装部品(バンパー・ドアミラーなど)、タイヤ・ホイールなどの被害品の割合が増加した。

http://response.jp/article/2015/04/01/248053.html

2日夜遅く、愛知・一宮市の名鉄の踏切で、特急電車が進入してきた乗用車と衝突した­。
車は盗難車で、乗っていた男性は、現場から立ち去っていて、警察が行方を捜している。

プリウス盗難車 警察から引き上げ

新たな盗難手口、スマートキー車が危ない!

盗難車エンジン保管容疑、ロシア人2人逮捕(愛知県)




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク