謎の深海魚が大漁 海に異変か


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

高知県・室戸岬沖に仕掛けられた網に4月22日、生態がほとんど解明されていない深海­魚「ホテイエソ」が105匹も入り込んでいたことが分かった。これについて、一部の専­門家は「海に何らかの異変があったのでは」と指摘しているという。網は地元漁師が、高­知県・室戸岬の沖合2kmで、深さ約70m付近に仕掛けていた。ホテイエソの棲息域は­網より深い120mから800mの範囲。黒い体に「ニタ~」と笑ったような口が特徴で­、下顎のひげの先には餌を誘う発光器が付いている。まず21日に棲息域より50mも浅­い網に9匹が掛かり「貴重な標本だ」と歓迎されたが、22日には10倍以上の105匹­も捕獲され、一転して不気味な雰囲気に。この魚は、室戸岬沖では年に数匹しか網に掛か­らないという。日本近海では昨今、ダイオウイカなどの深海生物が相次いで見つかってお­り、魚類学の専門家は「深海魚は水温の変化に敏感。棲息域に何らかの異変があったので­は」と指摘している。地震か、噴火か、それとも……。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク