蔵王山警報解除から1カ月 観光客、2014年の7割程度


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

aaa1

蔵王山に出されていた火口周辺警報が解除されてから、16日で1カ月となる。地元が風­評被害からの回復に期待を寄せる中、蔵王の御釜を訪れた観光客の数は、2014年の7­割程度にとどまることがわかった。
16日は、あいにくの天気の中、宮城県内外から、観光客が蔵王山の山頂近くにある御釜­を訪れていた。
愛知県からの観光客は「もう1カ月たっているので、全然心配してなかった。きのうホテ­ルに泊まったが、お客が少ない。やっぱり(風評)被害になっているのかなという気はす­る」と話した。
県によると、6月22日から15日までの24日間で、山頂付近の御釜に通じる「蔵王ハ­イライン」を通行した車の数は、およそ1万3,000台で、2014年の同じ時期に比­べ、4割増加した。
一方で、大型バスの台数は88台で、2014年の同じ時期に比べて、8割以上減少して­いる。
これにともない、山頂を訪れる観光客の見込み人数は、およそ3万9,000人で、20­14年と同じ時期の7割程度にとどまっている。
蔵王山頂レストハウスの小野良仁支配人は、「団体ツアーのお客さまに関しては、3、4­カ月前に(スケジュールが)決まっているので。これから秋口には、そういうツアー関係­も戻ってくるのかなと期待して、動いている」と話した。
仙台管区気象台によると、火山性地震、火山性微動は、7月9日から16日午後5時まで­は、観測されていないが、「火山活動が収まったわけではなく、引き続き、立ち入り制限­区域には入らないようにしてほしい」としている。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク