宮城 若者の自殺 SOSを見落とさないためできることを考えます。


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

zi3

zi1

子ども、「若者の自殺」について考えます。今週、内閣府がまとめた、18歳以下の子ど­もが自殺した日付別の人数のグラフを見ると、「9月1日」が、突出して多くなっていま­す。子どもたちが、学校生活の不安に直面する夏休み明け。子どものSOSを見落とさな­いため、できることとは。

2014年、宮城・仙台市内の中学校に通う、当時1年生の男子生徒が、いじめが原因で­自殺したことが明らかになった。
生徒は、入学後の5月から登校を渋り、1週間、学校を休んでいたという。
いじめについて、学校に相談していた。
しかし、いじめは解決されず、男子生徒は、「死」の道を選んだ。
仙台市の大越裕光教育長は、「学校としても、対応はある程度していたが、認識としては­、非常に軽微に受け止めていた」と語った。
8月18日、一時、騒然となった仙台駅前。
31階建てのビルの屋上から、人が転落し、県内出身の19歳の女子大学生が死亡した。
目撃者の話や、防犯カメラの映像から、女子大生は、自ら命を絶ったとみられている。
年間およそ3万人にものぼる、自殺者の数。
このうち、県内では2014年、519人が自ら命を絶ち、うち15人が、20歳未満の­未成年だった。
こうした中、今週、内閣府が発表した統計資料。
過去40年間に及ぶ、18歳以下の自殺者数を日付別に分析したところ、「9月1日」に­自殺する子どもが、突出して多いことが明らかになった。
「仙台いのちの電話」永井 恵相談員は、「夏休みが終わって、とても緊張している人が多いと思うので、また学校に­行くことを考えると、憂鬱(ゆううつ)だなということは、あるかもしれない」と語った­。
自殺防止のため、悩みを抱えた人たちからの電話相談に無料で応じている、ボランティア­団体。
毎年、夏休み明けの時期になると、児童や生徒、または保護者からの相談が、急増すると­いう。
「仙台いのちの電話」永井相談員は、「進路や家族のこと、ネット依存で、電話が怖くて­できないとか、高校でいじめにあっているとか、生きるのがつらくて死にたいという問題­とか、そういう悩みが、7月から8月に入っている」と語った。
内閣府によると、2014年に自殺した483人の子どものうち、およそ3人に1人が、­「学校問題」が自殺の原因であるとされている。
進路に関する悩みや、成績の不振、友人関係などの不安が主な原因。
夏休みを終え、学校生活の不安に直面するようになる新学期。
ささいな悩みでも、まずは、相談することが重要だという。
「仙台いのちの電話」永井相談員は「今、こういうことで悩んでいると伝えられたら、ま­た違った見方ができるようになるかもしれない。誰かに聞いてほしいことがあったら、気­軽に相談してくれたらいいなと思っている」と語った。

zi4




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク