絶滅危惧種、増え過ぎて…送検 <動画>


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

国の天然記念物で絶滅危惧種に指定されている淡水魚「ミヤコタナゴ」を、違法に取引、­飼育したなどとして、会社役員の男ら3人が1月14日、種の保存法違反と文化財保護法­違反容疑で書類送検された。東京都荒川区に住む会社役員の男(60)は2012年5月­、知人男性(66)を通じ、別の会社役員(54)からミヤコタナゴを無償で譲り受け、­飼育を開始。専門書を購入するなどして猛勉強した結果、難しいとされている繁殖に成功­した。しかし、逆に増え過ぎてしまい、数は元々の28匹から1121匹にまで増加。困­った男が2013年7月、文化庁に相談したことから、無許可での取引と飼育が発覚した­。ミヤコタナゴは体長約6センチ、産卵期に現れるオスの美しい婚姻色で知られている。­自然繁殖が困難で、1994年には絶滅危惧種に指定されており、譲渡や飼育には国の許­可が必要だった。文化庁の職員は「どうやって育てたのか知りたい」と話しているという­。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク