精神病を引き起すトキソプラズマ・ゴンディToxoplasma gondii


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

トキソプラズマ・ゴンディ

トキソプラズマ・ゴンディとは

トキソプラズマ・ゴンディという原虫。猫(感染率:35~90%)の糞が混入した食品や、哺乳類の生肉などを食べて感染する。世界中で多くの人が既に不顕性感染をしている(一般人:7.4~25%,食肉業者:40~50%)。初感染した時の症状は、伝染性単核球症に似ている。妊婦が初感染すると胎盤を通じて胎児に感染し、先天性トキソプラズマ症(目がやられる)を起こす。エイズでは潜伏感染していたトキソプラズマの再活性化である。脳に膿瘍(のうよう=感染巣)をつくる他、肺、心臓、副腎、膵臓、睾丸などの全身感染症を起こす。

哺乳類や鳥類に寄生する原虫。感染したペットの排泄物などから、ヒトに感染することがあります。
妊娠中に母親が感染し、胎児に感染すると、流産、死産の原因になったり、水頭症や小頭症などの子どもが産まれてきたりすることがあります。

精神疾患への濃厚な関連性が疑われている感染症の1つである、トキソプラズマ・ゴンディToxoplasma gondiiに関する話である。

トキソプラズマ感染と自殺の関連性が注目され始めている。トキソプラズマは人間の行動も変えてしまうのである。
(自殺予防はトキソプラズマ抗体価を調べることから始めなければならない)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22938818

(トキソプラズマは統合失調症患者を自殺企図へと結びつける)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21890329

トキソプラズマによって変えられてしまう行動は自殺だけではない。性行動まで変えられてしまうのであった。ラットでは、トキソプラズマに感染した雄ねずみは、男性ホルモンであるテストステロンが激しく増え、感染していない雄よりも雌ねずみを強く引き付けて、優先的に交尾ができるようになるらしい。雄はどうしようもなく雌に近づきたくなり、猫に襲われる危険を顧みることなく野を駆け廻り、フェロモンを出しながら雌に近づき、雌に積極的に交尾を求める。精子にはトキソプラズマが含まれているらしい。その結果、性行為を介した雄→雌へのトキソプラズマの垂直感染が可能になる。トキソプラズマは性病としても機能する。犬や猫でもそういった現象が知られている。人類においても同様かもしれない。女性にモテる男性は、その男性が魅力的なのではなく、その男性に感染しているトキソプラズマが人の行動を変えることで女性に対して積極的にさせ、未知のフェロモンを出し、その結果、感染させるターゲットとなる相手(女性)を惹きつけているだけなのかもしれない。そして、女性にモテる男性ほど、実はトキソプラズマに冒されており、危険を顧みなくなり、交通事故で早く死ぬのかもしれない。人類では交通事故が2倍以上になるらしい。

http://jeb.biologists.org/content/216/1/120.full

neko
愛らしい外見と自由気ままな性格で我々の心を虜にする猫たち。

見ているだけでも癒されるが、その存在は意外にも人間のメンタルヘルスに悪影響を与えており、重大な精神病の原因となっている可能性があるという。

精神病発症者の5割は猫飼育経験アリ

学術誌『Schizophrenia Research』に掲載された論文によると、幼少期に猫を飼っていた人は、統合失調症やその他の精神疾患になるリスクが高いそう。

研究者らが2125の家族を対象に、米精神障害者家族会(NAMI)が1982年におこなったアンケート結果を分析したところ、大人になってから統合失調症を発症した人の50.6%は子どもの頃に猫を飼っていたことがわかったとか。

NAMIは、1990年代にも同様の調査を2つ実施しており、そのときも同じような結果になっていたという。

なお、米国でも統合失調症の発症率は1.1%で、猫を飼っている家庭の割合は30~37%だそうだ。

原因は原虫か

猫と精神疾患の因果関係は明らかになっていないが、研究者らは、猫に寄生するトキソプラズマ・ゴンディという原虫が人間の脳に入り込むことで、精神病を引き起こしているのではないかと考えているとか。

なお、トキソプラズマ・ゴンディは、統合失調症だけでなくアルツハイマー病やパーキンソン病、うつ病など多くの病気に関与していることがこれまでの研究で明らかになっている。

もちろんメリットも!

ただし、だからといって猫を飼うことが絶対にいけないわけではない。

過去の調査では、猫を飼うことで心臓が健康になったり、自閉症の人がコミュニケーション能力を磨く助けになったり、孤独感を癒してくれたりといったメリットも発表されている。

研究者らは、猫と精神疾患の関連性を確かなものにするためには、さらなる調査が必要だと示唆している。

http://www.schres-journal.com/article/S0920-9964(15)00176-0/abstract

【猫好きに悲報】子どもの頃に猫を飼っていた人は精神病になりやすいとの調査結果 – IRORIO(イロリオ) – 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議


IRORIO(イロリオ) – 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議

猫好きに悲報子どもの頃に猫を飼っていた人は精神病になりやすいとの調査結果
IRORIO(イロリオ) – 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議
愛らしい外見と自由気ままな性格で我々の心を虜にする猫たち。 見ているだけでも癒されるが、その存在は意外にも人間のメンタルヘルスに悪影響を与えており、重大な精神病の原因となっている可能性があるという。

トキソプラズマ感染と予防について解説

トキソプラズマ感染について解説。
猫からの感染、予防について詳しく語られています。

解説で指摘されている、もうひとつの感染源
“生の部分がある肉”、”生ハム”などにつ­いて。
一般的に、調理の際に感染が成立することが多いと言われています。
ネットでは様々な資料があがっていますので、
どうぞ探してみてください。

解説されているのは産婦人科医の方です。
猫を飼っており出産を考えている方は
獣医師からも、詳しく聞いてください。

人獣共通感染症について理解を深めましょう。
不幸な猫が増えないことを願ってこの録画を公開させていただきます。

「悲しい思いを増やさない」 母子感染症の予防訴える渡辺智美さん




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク