米陸軍サイトにハッカー攻撃、「シリア電子軍」


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

siria

米陸軍は8日、同軍の公式ウェブサイト「Army.mil」がハッカー攻撃を受けたと明らかにした。ハッキングを受け、米陸軍はこのウェブサイトを一時的に閉鎖した。

このウェブサイトは一般向けの基本情報を掲載したもので機密情報や個人情報は含まれておらず、この攻撃による情報流出はないという。

 シリアの親バッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権の「シリア電子軍(Syrian Electronic Army)」が「お前たちの指揮官は戦闘で死なせるために人びとを訓練していることを認めた」と米国を非難するメッセージを残してハッカー攻撃を実行したと表明し、ツイッター(Twitter)でもメッセージを流した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150609-00000007-jij_afp-int

シリア電子軍とは

シリア電子軍(英:Syrian Electronic Army)またはシリア電子通信軍[1]とは、シリアのハッカー(クラッカー)集団のことである。政治的に、シリア大統領のバッシャール・アル=アサドを支持していることで知られ、様々なサイトを攻撃して、アサド大統領支持のメッセージを残しており、アサド大統領からもシリア電子軍に対して称賛の声を送っている。

シリア電子軍の歴史は、2011年5月に自身のWEBサイトを立ち上げた事に始まる。
シリア電子軍の政治的主張は、アサド政権の支持である。しかし、彼らがシリア政府から支援されている組織なのかどうかについては、はっきりとしていない[1]。シリア電子軍自身は、シリア内外で流されているニュースが正確ではないことに憤慨した愛国的な若者たちが自主的に立ちあげた組織であり、政府の支援は無いと主張している。しかし、シリア電子軍のWEBサイトは、2013年5月から、シリア政府(正確には、シリア政府機関のシリアコンピュータ学会(英語版))がコントロールできる国別コードトップレベルドメイン「.sy」からリダイレクトできるようになっている。
2011年6月、アサド大統領は、テレビでシリア電子軍を称える演説を行っている。

部隊はシリアの市民すべての同胞からなる。若者にはこの段階で果たすべき重要な役割がある。積極的な力を持っているためだ。そこで電子軍、仮想現実の中の本当の軍隊がある。

— バッシャール・アル=アサド

シリア電子軍はこれを受けて、大統領の演説で言及されたことは名誉であるとしつつ、改めてシリア政府とは関係がない組織であると主張した。また、実際にシリア電子軍が、シリア政府の支援を受けているという具体的な証拠は見つかっていない。しかし、実際には両者に何らかの関係はあると見る者は多い[3][4]。
トロント大学のムンクスクールは、2011年5月にシリア電子軍のサイトが公開された時から、彼らを追跡調査している。調査の結果、トロント大学の研究グループは、シリア政府の「暗黙の支援」はあるものと見られるが、実際にシリア政府が積極的に関わってる証拠は見つからず、その可能性も低いと考えていると発表している[4]。電子ジャーナル「情報戦モニター(英語版)」も同様の見解である

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E9%9B%BB%E5%AD%90%E8%BB%8D

米陸軍サイトにハッカー攻撃、「シリア電子軍」が犯行声明 – AFPBB News

米陸軍サイトにハッカー攻撃、「シリア電子軍」が犯行声明
AFPBB News
【6月9日 AFP】米陸軍は8日、同軍の公式ウェブサイト「Army.mil」がハッカー攻撃を受けたと明らかにした。ハッキングを受け、米陸軍はこのウェブサイトを一時的に閉鎖した。 このウェブサイトは一般向けの基本情報を掲載したもので機密情報や個人情報は含まれておらず、この …
米陸軍サイトが一時ダウン、「シリア電子軍」のサイバー攻撃ロイター
米陸軍サイトが乗っ取られる 「シリア電子軍」が声明CNN Japan

all 18 news articles »




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク