米軍、リビアで「アルカイダ系テロリスト」を攻撃


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

beigunn

米軍はリビアで「国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系テロリスト」に対し攻撃を行った。米国防総省が14日、明らかにした。

 同省のスティーブ・ウォーレン(Steve Warren)報道官は声明で、「われわれは作戦の結果を評価しているところであり、適宜、追加情報を提供する」と述べ、作戦の実施は「昨晩」だと付け加えた。(c)AFP

米軍空爆でアルジェリア天然ガス施設襲撃の首謀者死亡、リビア暫定政府
リビア
リビア暫定政府は14日、米軍がリビア国内で実施した空爆で武装勢力「アルムラビトゥン(Al-Murabitoun)」の指導者モフタール・ベルモフタール(Mokhtar Belmokhtar)容疑者が死亡したと発表した。

 フェイスブック(Facebook)に掲載された暫定政府の声明は「米国のジェット機がリビア東部で作戦を実施し、モフタール・ベルモフタールとテロ組織に属するリビア人の一団が死亡した」としている。空爆はリビア東部のトブルク(Tobruk)に置かれているリビア暫定政府との協議を経て実施されたという。

 モフタール・ベルモフタール容疑者は「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ組織(Al-Qaeda in the Islamic Maghreb、AQIM)」の元指導者で、2013年1月に日本人を含む38人が死亡したアルジェリアの天然ガス施設襲撃事件の首謀者とされる。

 リビア暫定政府の発表の直前に米国防総省は、米軍がリビアで「国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系テロリスト」を攻撃したと発表していた。米軍は過去にこの地域でドローンを使った攻撃を行っているが、今回の攻撃の詳細は明らかにされていない。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3051635

モフタール・ベルモフタール容疑者

モフタール・ベルモフタール(アラビア語: مختار بلمختار‎、Mokhtar Belmokhtar 1972年6月1日 – ) は、アルジェリア出身の、イスラーム系武装組織の指導者。現・イスラム聖戦士血盟団(al-Mua’qi’oon Biddam)指導者で、元・イスラーム・マグリブ諸国のアル=カーイダ機構指導者、密輸業者、武器商人、テロリスト。ハーリド・アブー・アル=アッバースの異名を持つほか、日本では、モフタル・ベルモフタルとして報道されたこともある。「密輸将軍」「拘束不可能な男」「ミスター・マルボロ(Mr.Marlboro)」などの異名もある。
十代の時からイスラーム系武装集団の戦士としてアフガニスタンなどでも戦っていたが、やがてアルカーイダとの関係を深めつつ、伝説的なムジャヒディーン戦士としていくつかの武装集団で指導的立場になり、AQIMを率いて組織維持などのためにアルジェリア・マリ共和国・ニジェールなどで密輸・誘拐などの組織的な犯罪に手を染めてアルジェリア政府などと敵対するようになり、2012年になりAQIMを離脱し「イスラム聖戦士血盟団」(al-Mua’qi’oon Biddam)を率いるようになった。特に2013年1月にアルジェリア人質事件を起こしたことで日本や欧米諸国でその名が知れ渡るようになった。

生い立ち
1972年6月1日、アルジェリアのガルダイアに生れる[2]。少年期に学校に通っていたころから、ジハードに参加することに魅せられる[2]。1991年からムジャーヒディーンとしてアフガニスタン内戦に参加した後、1992年にアルジェリアに帰国して「武装イスラム集団」(GIA)に参加。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB

米軍空爆でアルジェリア天然ガス施設襲撃の首謀者死亡、リビア暫定政府 – AFPBB News


AFPBB News

米軍空爆でアルジェリア天然ガス施設襲撃の首謀者死亡、リビア暫定政府
AFPBB News
フェイスブック(Facebook)に掲載された暫定政府の声明は「米国のジェット機がリビア東部で作戦を実施し、モフタール・ベルモフタールとテロ組織に属するリビア人の一団が死亡した」としている。空爆はリビア東部のトブルク(Tobruk)に置かれているリビア暫定政府との協議を …

and more »

おととし、北アフリカのアルジェリアで、横浜市に本社があるプラント建設大手「日揮」­の施設が武装グループに襲撃され、日本人の社員ら10人を含む40人が犠牲となった事­件で、神奈川県警察本部は、人質を監禁した疑いで武装グループの指導者の43歳の男の­逮捕状を取り、今後、国際手配することにしています。
この事件は、おととし1月、アルジェリア南東部のイナメナスで天然ガス施設がイスラム­武装グループに襲撃され横浜市に本社があるプラント建設大手「日揮」の社員ら日本人1­0人を含む40人が人質となり、犠牲となったものです。
この事件について、神奈川県警察本部は現地の捜査当局の協力を得ながら生存者の話や現­場に残されていたメモ、それに犯行声明などについて捜査を進めた結果、武装グループの­指導者でアルジェリア人のモフタール・ベルモフタール容疑者(43)が仲間の釈放や身­代金を要求する目的で、人質を監禁した疑いが強まったとして、逮捕状を取りました。
警察は今後、ICPO=国際刑事警察機構を通じて国際手配することにしていますが、ベ­ルモフタール容疑者はすでにアルジェリアとアメリカ、それにオーストリアの捜査当局か­ら、それぞれ別の事件で国際手配されているということです。日本の警察がイスラム過激­派の国際テロリストの逮捕状を取ったのは今回が初めてです。
警察が武装グループの指導者の逮捕状を取ったことについて、日揮の遠藤毅広報部長は「­アルジェリア事件の真相解明につながることを期待している」とコメントしています。

アルジェリア人質事件で指導者の男に逮捕状




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク