米英情報機関、ネットゲームを監視か 米紙報道


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

[December 10 AFP] U.S. paper New York Times (New York Times) reported on the 9th that U.S.-British intelligence service was sending the spy to the online game space which has a user in every country in the world.
It calls it a reason that there is a possibility that such space may serve as a place of the plan of a terror attack.
The spy of ? Britain and U.S. The virtual world “second life (Second Life)” on the Internet, A popular online game “world オブ Waugh Kraft (World of Warcraft)”, A character is made to virtual space, such as online game service “Xbox Live (Xbox Live)” of U.S. Microsoft (Microsoft), it infiltrates into it, and it is assumed that surveillance, the search for an information provider, information gathering, etc. were performed.
The report of the ? said paper is based on the confidential information which suspect U.S. Central Intelligence Agency (CIA) former personnel Edward Snowden (Edward Snowden) who has defected to Russia temporarily carried out.
According to the ? said paper, the U.S.-British information authorities who were afraid that the terrorist and the crime organization are performing transfer of fund and the exchange of a plan of attack secretly in online game space, The information member was sent into popular game space, and information gathering and the exchange between players were supervised using the fairy, and small び and a virtual character called a supermodel.
It is said that the reason which was anxious about ? online game space is because the online game is also equipped with functions which the combatants of a terrorist organization use frequently, such as a voice chat, a text chat, a fake identity, and the method of transfer of fund.
(c)AFP




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『米英情報機関、ネットゲームを監視か 米紙報道』へのコメント

  1. 名前:通りすがりです 投稿日:2013/12/11(水) 00:59:06 ID:d42e0d7cc

     ゲームをしてたら覗かれる?家のパソコンでオンラインゲームしてても、ゲームセンターにいるつもりでいないといけないですね。(冗談ごとではないですね。すいません。)
     ところで、話を変えてすいませんが、日本の政治について、書かせてください。
     十分な審議や有意義な修正がないまま、与党自民党は、今月6日に、「特定秘密保護法案」を参議院本会議で強行採決、数の横暴で、可決成立させてしまいました。
     安倍総理は、「もっと説明をするべきだった」と昨日言ってましたが、今回成立した「特定秘密保護法」は国際基準から見て悪法なので、悪いものをいくら説明してもらっても、悪いものは悪いので、全面リニューアルが必要と思います。
     先月の末の衆議院の特別委員会から、与党自民党は、国民の不安も野党の反対も無視して、ずっと実質上の強行採決を通してきましたが(野党で賛成したのは自民党のサテライトのような「みんなの党」だけです)、これだけ国内外からの批判の声が高まっても(アメリカ合衆国の要人の方や国連の人権委員会の方などから懸念の発言があり、国内の良識ある有名人の方々からも法案反対の発言があり、連日のように日本各地で法案に反対する大勢の人々の集会があっても)、ついに、与党自民党は、なにがなんでもの強行採決を通してしまいました。
     今や、ロシアのような独裁的政権であることを明らかにした安倍政権は、「日本版NSC設置法」や「特定秘密保護法」により、更に、ロシアのように、本格的に資本主義独裁政権を目指すと思われます。
     日本の民主主義が殺されてしまう恐れが非常に高くなりました。非常に危ういです。
     国際社会の方々は、日本の民主主義が死なないように、安倍政権と与党自民党を監視して、プレッシャーを掛け、日本の民主主義が殺されないように、ご配慮いただければ、と願い祈っております。
     日本の民主主義が殺されたら、日本が世界で嫌われて、日本製品の不買運動が起こっても当然と私は思います。
     強行採決で可決された「特定秘密保護法案」では、修正がなされた、とは言いますが、修正事項が法案に明記されていない、口約束だけのものが色々あり、約束が守られるかどうかは、非常に疑わしいです。
     それに、修正された状態でも、まだまだ問題だらけでした。
     総理大臣が好きなように秘密指定ができてしまう恐れが、非常にあります。
     その上、アメリカ合衆国の法律と違い、秘密の開示が十分ではありません。
     5年毎の秘密指定の見直しで、一部例外を除き60年後には開示とのことですが、60年では期間が長すぎる上、一部例外を認めず、全ての秘密の開示が必要と思います。
     なぜかというと、全ての秘密の開示が約束されていれば、開示の実行が時間が経過した後であるとしても(でも60年は長すぎます)、「権力を乱用した悪事はいずれはバレる」ということになるからです。
     それは、権力者の悪事防止になると思うので、全ての秘密の開示は絶対必要と思います。(「いずれは名誉が失墜する、いずれは家族まで不名誉な烙印を押される」ということであれば、どんなに独裁的な権力者であっても、そうそう無茶はできなくなるのでは?と思うので。だから、60年後の開示では遅すぎるのです。)
     また、特定秘密の妥当性の審議を行う公正な第三者会議という、非常に重要な組織が、存在しないも同然なのです。(可決された案だと、第三者会議に相当する「保全監視委員会」という組織は、内閣の中に置かれ、しかもメンバーは、官僚の事務次官級職員が中核メンバーになるそうなので、公正な第三者の立場に立てないと思います。しかも、この組織の役目は、特定秘密の妥当性を審議して、総理大臣に報告するに留まるのだそうです。それは、不当な特定秘密が報告されても、総理がその指定を解除しない限り、不当でも特定秘密のままになる、ということだと思います。これでは、公正な第三者会議は、ないも同然です。今月5日に、重層的に新たな組織を作るという話もあったようですが、その組織も、結局内閣の影響力が及ぶ恐れの高い組織と思われ、公平な立場の第三者とは言いがたいのです。それに、確か、この2つの組織の設置は、まだ口約束の状態と思います。)
     なので、今回可決成立した「特定秘密保護法案」について、秘密保護法制の国際的なガイドライン作成に関わってきた「オープン・ソサエティ」というアメリカ合衆国の財団の方々から、事前に、
    「知る権利を厳しく規制するもので、日本にとって後退となる」
    という、深い懸念の声明があったそうです。
     また、同財団の上級顧問で、アメリカ合衆国の元政府高官の方からは、
    「法案は21世紀の民主国家が考えたなかでも最も悪い部類に入るものだ。市民や海外の専門家から十分な意見聴取をせずに制定が進んでいる、その速さについても懸念がある」という発言もあったそうです。
     それなのに、安倍政権と与党自民党は(公明党は今や自民党の支部と成り果てたと思います)、強行採決したのです。
     なので、上記のような「特定秘密保護法案」が可決されたことで、同法律が、権力者のやりたい放題を隠すために使われてしまう恐れは非常に高いと思われ、とても心配です。
     例えば、今回の中国の防空識別権問題ですが、この件に関して、中国共産党政府と日本の安倍政権の間で、何らかの密約があったとしても、その密約は、絶対に表には出て来ないということになると思います。(政府の理不尽で一人息子を殺された家族に、天安門を攻撃された中国共産党政府。TPP交渉の大嘘や特定秘密保護法案」の強行採決などで、国民から非難されている安倍政権。両者共、国民の目を他所にそらすために、共謀して外交問題をでっちあげる恐れはあると思うのです。ただ、でっちあげだとしても、それを本当の対立と見せるために、民間人を犠牲にすることなど、なんとも思わないのが、独裁者達の性質の悪さなので、アメリカ合衆国が、「民間航空機は中国の要求に従って」という見解を出したのも、仕方ないことと思います。安倍政権も、本当に国民の安全を守る気があるなら、そのような見解を出すべきと思いますが、アルジェリアの人質事件の時だって、外遊先から中々帰って来なかった総理ですから、国民の安全を優先する気はないのでしょうね。)
     今回可決成立した「特定秘密保護法案」とセットの、「日本版NSC設置法案」は、すでに、修正されないまま、先月27日、成立しています。(成立した「日本版NSC設置法」では、議事録の作成の義務付けは、付帯決議で、法的拘束力がないので、「特定秘密保護法案」の方が、上記の形のまま成立したことで、実質上、日本版NSCでは、議事録の作成も保存も開示も、行われなくなる恐れがあると思います。それでは、独裁者のやりたい放題が可能になると思います。議事録を書かなかった場合の罰則規定などを、今からでも絶対作るべきと思います。)
     日本の民主主義が殺されてしまうのでは?と不安でなりません。
     そうならないようにと、反対集会で、日本の民主主義を守ろうと頑張って下さった方々、ありがとうございます。(それなのに、与党自民党の石破幹事長は、日本の民主主義を守ろうと声を上げる人達のことを批判しました。そもそも、与党自民党が、国会でまともに野党の質問に答え、「特定秘密保護法案」がきちんとしたものになるように、しっかり審議していれば、彼らは声を上げる必要はなかったのです。彼らが大声を上げたのは、大声でも上げなければ、与党自民党には聞こえないと思ったからです。)
     日本の民主主義をご心配くださったアメリカ合衆国の要人の方や国連の人権委員会などの方々も、ありがとうございます。
     国内の良識ある有名人の方々も、法案反対のための発言をなさってくださり、有難うございます。
     日本の民主党を始め、日本の野党の人々も頑張ってくれています。(ただ、一部、自民党のスパイのような人間達もいた?採決の前後、不審な行動をとった人間達もいるようですが…。)
     感謝しております。悪しき「特定秘密保護法」が制定されたため、これからは、何事にも規制が掛かる恐れがありますが(もしかしたら、私もトロコンニコワさんのようになるかも?とも思いますが)、無理になり過ぎない範囲で、頑張っていただければ、と願っております。
     私も、できることを頑張ります。(故マンデラ元大統領の言葉を励みに、頑張ります。)
     安倍政権と与党自民党は、ろくに審議もせず、「特定秘密保護法案」を、問題があり過ぎる案のまま強行採決で成立させてしまいました。(上記のことだけでも、成立させてはいけなかった法案と思いますが、更に恐るべきことに、「特定秘密保護法案」には、「平和的なデモをテロと見なして処罰する」みたいな条項も潜んでいるそうです。また、「政府の強引なやり方には腹が立つ。あいつらをけん制するためのリークでもないか?」などと友達同士のお喋りで言うと、それだけで犯罪行為と見なされてしまうような条項も、含まれているのだそうです。トロコンニコワさんのような被害者が、日本でも出てしまいそうで、非常に不安です。)
     そのような法案の強行採決、民主主義の無視だと思います。(石破幹事長のような人間が、重要職にいる与党自民党だから、平気で民主主義を無視するんでしょうね。訂正されたものの、石破幹事長の発言は、「与党自民党が、これから先、民主主義を求める人々の平和的な集会を、テロと決め付ける恐れがある」と感じさせるものでした。そして実際、「特別秘密保護法案」には、そういう条項が潜んでいるそうです。日本は、民主主義の国なら、そんな法律、許されないはずなのに。)
     私は、安倍政権と与党自民党は、ロシアのように、資本主義独裁政権を目指していると思います。
     なので、日本の民主主義は、今や風前の灯火と思います。
     それなので、国際社会の方々は、日本の民主主義が殺されないように、安倍政権と与党自民党を監視して、プレッシャーを掛けていただきたいと思います。
     それから、これから日本のマスコミは、今まで以上に与党自民党寄りになる恐れがあります。
     なので、日本の情報を、日本のマスコミから得る時は、その点をしっかり踏まえて、情報収集されるよう、お勧めします。(日本の国民の人々にも同様にお勧めします。)
     日本の民主主義が殺されたら、日本が世界で嫌われて、日本製品の不買運動が起こるのは、当然と私は思います。
     日本の民主主義が殺されないよう、願い祈っております。(それから、故マンデラ元大統領に、日本も見守って欲しいと祈っております。)

  2. 名前:通りすがりです 投稿日:2013/12/11(水) 01:00:32 ID:d42e0d7cc

    追伸  国民の意思を無視して、日本の民主主義を危うくしている与党に対する抗議として、与党系の自治体長のリコールというの、どうでしょうか?(例えば東京都知事。やましくないお金なら、なぜ銀行口座に入れないで奥さんの貸金庫に入れたのでしょう?疑惑が募ります。それから沖縄県知事。寝返った日本の自民党県連に引きずられ、辺野古移設を容認する恐れは高いと思います。宮城県知事は、漁業権を漁民の人々から奪い取って、大企業に売ろうとしている気がします。)
     ど素人考えかもしれませんが、日本国民の皆様、御一考願えれば、と思います。
     と書いていて思い出しましたが、新潟県知事は、いわゆる相乗り候補で、しかも災害対策に熱心で、原発再開にとても慎重。つまり、良い知事では?と思いますので、リコールしない方が良いと思います。(他にも、そういう人達がいるかも?とも思います。なので、誰をリコールするかについては、しっかり吟味すべきと思います。)
     と書いていて思ったのですが、今回成立した「特定秘密保護法」は、世界基準から見て悪法で、それを安倍政権と与党自民党は、拙速に作ったのだから、国際司法裁判所に訴えたら、「無効廃止」に、ならないでしょうか?
     昨年末の投票率の低い選挙で組織票を使ってごそっと議席を稼いだ与党勢力は、札束で横っ面を張られていそうなマスコミによる(NHKだって例外ではありません)、変なアンケート調査のせいで、内閣支持率過半数超えなどといっていますが、実際のところは、千人ぐらいの人々に聞くと、安倍内閣を支持する人々は、その半分に達しないのです。(40%ぐらいの人々が、回答なしということなので。)
     そのような安倍内閣と、その内閣を支える与党自民党の、議会と民主主義を無視したやりたい放題は、決して日本国民の合意ではありません。
     なので、国際司法裁判所に訴えられないだろうか?と思うのですが…。
     ど素人考えかもしれませんが、御一考いただければ、と思います。
    追伸2 日本のお天気ですが、全くチェックができていませんが、気になります。
     ちらっと聞いた話では、今日11日も、暴風(台風みたいな暴風とか?)高波に警戒が必要な地域があるとか?
     警戒や注意が必要な地域の方々は、どうぞお気をつけて。(と偉そうに書いておりますが、本当に今日の私は全然お天気のチェックができてないので、上記以外に書くべきことがあっても、チェック漏れしているかも?そうなっておりましたら、お許しください。)
     それから、タイ情勢も気になります。
     黄色シャツ隊は、国王陛下のお言葉を無視するつもりなのでしょうか?まだデモを続けています。
     私には、黄色シャツ隊は、権力が欲しくて、インラック政権に、いちゃもんをつけているように思えます。(まるで、日本の民主党政権の時の日本の自民党のようです。)
     非民主主義の我侭な要求を恥ずかしくもなく言い立てる人間達に権力を渡したら、日本のように独裁に向けて突っ走るに決まっています。
     そうならないように、国際社会の方々は、しっかり監視して、黄色シャツ隊やその背後の勢力に、プレッシャーを掛けていただければ、と願い祈っております。
     どうぞよろしくお願い致します。
     タイの民主主義が守られることを祈ります。
     アメリカ合衆国の寒波の件も気になっております。
     今回の合衆国の寒波は、非常に厳しく、アイスリンクのような道路で事故が起こったりなどして、亡くなられた方々もいると聞きました。痛ましいです。
     亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
     怪我をなさった方々の早いご回復を祈ります。
     ど素人考えですが、今回の合衆国の寒波は、非常に厳しいそうなので、いつもと同じ備えではいけないのでは?と思います。
     専門家の方々のご意見を踏まえ、最高度の警戒と備えをなさった方が良いのでは?と思います。(ど素人考えですが…。間違ったことを書いてたら、すいません。)
     アメリカ合衆国の方々や、アメリカ合衆国を訪れる方々は、どうぞくれぐれも、お気をつけて。
     他にも色々書きたいことがあるのですが、すぐ書けないのが、申し訳ない思いです。
     例えば、今年の春のボストンの爆破事件。(もしかして、犯人とされる青年は、オズワルドのようなことになっているのでは?と思うこともあり、彼がこの先も無事に法廷に立ち、数々の謎について、説明してくれることを、祈り願っております。)
     それから、エジプト情勢(民主主義を求める人々が、エジプト軍サイドに、人権侵害されていると思いますので、国際社会の監視が必要と思います)、シリア情勢(民間人の方々や子供達をも巻き込むひどい攻撃を止めさせ、一刻も早く停戦させるため、国際社会の方々は、アサド大統領サイドにプレッシャーを掛け続けていただければ、と願い祈っております)、イラク情勢(イスラム教の神様は、悲劇の繰り返しを望まれないと思います)、ウクライナ情勢(親ロシアの政権は、EUへの参加を望む人達の集会を強制排除するなど、人権侵害をしている恐れがあり、国際社会の注視が必要と思います)、パレスチナ情勢、パキスタン情勢、アフガニスタン情勢、それに、世界で起こっている痛ましいテロ事件。(例えば、2人のフランス人ジャーナリストの方々がアフリカで殺害された痛ましい事件、亡くなられた方々のご冥福を祈ります。)それに、イエメンや中央アフリカの悲劇も気になります。(亡くなられた方々のご冥福を祈り、怪我をなさった方々の早いご回復を祈ります。悲劇が繰り返されないことを祈ります。)
     また、フィリピンの台風30号被害やソマリアの水害や、繰り返されるアメリカ合衆国の荒天による災害や(亡くなられた方々のご冥福を祈り、怪我をなさった方々の早いご回復を祈ります)、繰り返されるヨーロッパの荒天による災害や(亡くなられた方々のご冥福を祈り、怪我をなさった方々の早いご回復を祈ります)、ベトナムの水害や中国の水害など世界の大きな災害など(必要に応じ、できるだけ、救助救援活動への、国際社会の方々の、ご協力をお願い致します。)。
     それに、ラトビアのスーパーの崩落事故や中国のパイプライン爆発事故、バハマ沖のハイチ難民船転覆事故やスコットランドグラスゴーのヘリ墜落事故、アメリカ合衆国の列車事故など世界の大きな事故など(原因究明再発防止と、必要に応じ、国際社会の方々からの救助活動等へのご協力を、願っております)、それ以外にも、気になることは、沢山あります。
     世界の平和を祈ります。