米国 蚊型スパイ無人機(ドローン)


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

キャプチャ蚊ドローン

すでにこの虫型スパイ無人機(ドローン)は
生産させられていて
米国政府によって資金提供がなされています。
この蚊のような虫型スパイ無人機(ドローン)
は、遠隔操作ができて、
(超小型)カメラと(超小型)集音機をそなえています。
このカ(蚊)にそっくりの虫型スパイ無人機はあなたの皮膚に
そっとのっかります。
チュッとカ(蚊)のようにその小さい注射針で刺して
あなたの血液からDNAのサンプルを
採取するでしょう。

そして同時に
RFIDトラッキング(いわゆる 追跡可能な無線ICタグ)
をナノテクノロジー(超微細な技術)
であなたの肌に追跡可能なICタグを残します。
もちろん、あなたがどこにいるのかいつでも政府が把握するためです。
この虫型スパイ無人機(ドローン)はカ(蚊)と同じくらい小さいので
あいている窓からあなたのもとに飛んでやってきます。
そして
あなたがこの虫型スパイ無人機(ドローン)を家の中に連れ帰るまで
あなたの洋服にそっととまっていることができるのです。

引用
https://decryptedmatrix.com/micro-drone-mosquito-cyborg-spy-with-on-board-rfid-nanotech/

ドローンとは、無線や全地球測位システム(GPS)などを使って遠隔操作(えんかくそ­うさ)できる小型の遠隔操作可能な無人飛行機のことです。

元々は偵察(ていさつ)など軍事目的で開発されたのですが、最近では医療・救急や災害­現場、イベント警備など、さまざまな分野で利用や研究開発が進んでいます。

英語でハチが飛ぶときにたてる「ブーン」という音などを意味します。
複数のプロペラで上昇する「マルチコプター」や飛行機のように滑空(かっくう)するタ­イプがあり、大きさも数センチから10メートルを超えるものまでさまざまです。

インターネット通販大手「アマゾン」やIT大手「グーグル」なども開発に乗り出し、今­後は商業利用も盛んになりそうです。

ドローンは姿勢、方向、速度などをコンピューターで制御(せいぎょ)するので簡単に扱­え、カメラを載せて空撮などを楽しむ人もいます。

ただ、日本の航空法では使い方に関係なく、ドローンを「模型飛行機」としています。

おもちゃの飛行機と同じ扱いなので、空港周辺などを除き地上250メートルまでの高さ­で飛ばすなら規制はありません。

値段も小型のものでは数千円程度と、誰でも買えるようになりましたが、強風にあおられ­たり、人工衛星と通信できないビルの谷間などに入ったりした場合は墜落(ついらく)の­危険があります。

繁華街に墜落する事故などが実際に起きていますし、電波の混信トラブルなど、解決しな­いといけない問題はたくさんあります。

官邸で見つかったドローンは何の目的で飛ばされたのか定かではありませんが、もしテロ­であれば大変なことです。国土交通省が対応策の検討を始めており、利用のルールづくり­が急がれます。

ここ数年でにわかに注目を集めているのが、超小型のマイクロ・ドローンです。

遠隔から操作を可能とする昆虫型の偵察用ドローン (Insect Spy Drone) では、カメラやマイクロフォンを備えるだけでなく、その他の機能を装備することで更に­脅威的な活動を可能とします。

「蚊」をモデルとしたドローンのように、人の皮膚の上にランディングさせ、口吻 (こうふん) に扮した針を突き刺し、DNA サンプルを採取することや、小型 RFID (Radio-Frequency Identification : 無線自動識別) チップを皮膚の下へ埋め込ませることも将来的に可能性がある、としています。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク